鮮魚店が営む「寺喜屋」は、おふくろの味だ!

寺喜屋は、おやじさんの名前「寺中喜作」から来ているようだ。
なにやら松任谷由実や吉川晃司もご贔屓にしているとか( ̄ー ̄)ニヤリッ
営業時代に金沢勤務だった先輩が、お勧めの店だと教えてくれた。
さぁ~食べるぞぉ(^^)v
冬になるとブリになる「がんど」の塩焼きだぁ???!
SANY6362.jpg
さて、お味は・・・


SANY6363.jpg
旨いぃ???( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~
今までこんなに旨い焼き魚を食べたことがあっただろうか!
火の通し具合が絶品。
皮もパリパリ( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~
参考に・・・
◆成長段階での各地での呼び名◆
関東地方/わかし、いなだ、さんぱく、わらさ、ぶり
関西地方/つばそ、はまち、めじろ、ぶり
北陸地方/つばそ、こずくら、ふくらぎ、はまち、がんど、ぶり

 

SANY6351.jpg
もちろんお刺身盛り合わせも注文。

 

SANY6352.jpg
シメサンマ、初めて食べたぁ???( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~
マジで旨いよこれ(^^)v

 

SANY6344.jpg
燗をつけたお酒がすすむすすむ(‐。‐) ボソッ

 

SANY6358.jpg
野菜の天ぷらも懐かしい味だ!

 

SANY6354.jpg
焼きなすは、焼け焦げた香りが好きじゃなかった。
でも、無理して食べたもんね。
こっちでは、こんな調理方法を使うのだろうか?
ナスはフライパンで焼くほうが旨いと想うけど(‐。‐) ボソッ

 

SANY6364.jpg
カウンターに存在感を見せ付けるのは、お惣菜だ。

 

SANY6346.jpg
大皿が並んでる中から酢の物とホタテを選ぶ。
ピリッと辛い味付けのホタテが、これまた良い。
またまたお酒がすすむじゃないか(;^_^A アセアセ

 

SANY6361.jpg
うぅ??ん、ジャガイモも捨てがたいなぁ(;^_^A アセアセ
昔懐かしい粉ふきイモだ(^^)v

ボリュームたっぷりだから、お腹の具合を見ながら注文しよう( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

SANY6356.jpg
ちょっと、小腹がすいていたら、「ます寿し」も美味しいよ。
ミョウガをますの下にもぐりこませ、爽やかな口当たりとなっている。

もともと魚屋だから、言うまでもなく魚が旨い。
日本海の魚はさすがに旨いなぁ( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

 

SANY6343.jpg
アットホームな雰囲気に、オバちゃんたちの家庭的なサービスも最高だ(^^)v
食べたい魚をチョイスして、食べたい調理方法で注文したら良いんだよ。

■寺喜屋
石川県金沢市野町1-1-1
電話 076-242-2244
11:30~14:00 16:00~21:00
日曜休み

寺喜 (てらき) (魚介料理・海鮮料理 / 野町)
★★★★ 4.0

0 comments to “鮮魚店が営む「寺喜屋」は、おふくろの味だ!”
  1. SECRET: 0
    PASS: 3f652908d42cc94588e5eb4fe3a27d50
    おお!南国支店長おひさしぶり(^^)v
    ブリ大根旨いって聞いていたけど、
    他の注文しすぎて食べれなかったぞ。
    しかし、マジで美味しいお店だね。
    スゴイ数の宴会が入っていた。
    まぁ、宴会のやつらに負けないくらい飲んだけど(‐。‐) ボソッ

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    寺喜屋なつかし~い
    最後にお邪魔したのは3年位前だけど美味しかった
    思い出があります。
    ここの鰤大根は食べ応えがあったような気がします。
    追申、南国支店長は元気にやっています![絵文字:v-91][絵文字:v-222]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です