キャンプ場にたどり着いたが、突然やってきたBMWミニの大惨事!

キャンプ記事の続き!

10年前にブラウニーと行ったのも10年ぶりだったから、まさにひさしぶり(爆)

このブログでも10年前の様子が確認できる。
そうか、あの時もロッジ付オートキャンプ場を予約したんだった。

テントやタープが無いと、非常にコンパクト!
MINIで行っちゃおうっと(^^)v

それが恐怖の始まりだった(;^_^A アセアセ…


さて・・・・


ミニの狭いトランクスペースに、しっかり収まっている。

さぁ、楽しいドライブだぁ~~
ρ(*^_^*)ρシャカシャカ ρ(^o^)ρツクチャカ

 

 

それは突然やってきた。
パワステ効かへん(;^_^A アセアセ…

めちゃくちゃ重いじゃんか!

鍛え上げた胸筋と上腕二頭筋で、なんとか設楽根羽(したらねば)線 の連続したヘアピンをクリアする。

 


バンガローの駐車場に到着し、エンジンを停止するとボンネットから白い煙がモクモク。

オーバーヒートだ(┰_┰)しょぼーん

 

 

後で調べたら、RE16のBMWミニに潜んでいる電動パワーステアリングポンプの不具合なんだって。

普通のステアリングポンプは油圧式だが、BMWミニRE16は電動モーターが装備されている。そして、10年も経つと電動モータが焼き付いてハンドルが重ステになってしまうのだと。

段階は以下だと解説されていた。

① 冷却ファンが故障
② そのまま気が付かずに乗る(普通は気が付かない)
③ 電動パワーステアリングポンプが焼き付く
④ パワーステアリングが重くなり故障に気付いて工場へ
⑤ そのまま乗り続けるとモーターに過剰に電気が流れ続けて発電機がパンクして故障

④で気が付いたけど、山中じゃ手の施しようがなくて、仕方なしにキャンプ場まで進んでしまった。
モーターに過剰な電流が流れ続け、発電機が逝っちゃったんだよぉ(┰_┰)しょぼーん

冷却ファンにパワステ、オルタネーターにバッテリーと、かなりの損害だ。

 

 


それはそうと、MINIcooper-Sをレッカー移動しなきゃ。

(‘Д’)ガク~
みんなは乾杯( ^_^)/□☆□\(^_^ )しているのに

保険会社に電話・・・ん?うそ!? 電話圏外。
友だちのauは、かすかに繋がった(爆)

 

友だちのauを借りてロードサービスに連絡し、歌って踊れるスーパーメカニックのいる浜松のお店までMINIを搬送してもらうことにした。保険のロードサービスで15万円までレッカー代が保証されていて助かったよ。

 

そして、レンタカーを借りなきゃ明日帰れないぞ。台風5号が近づいてきているし。

キャンプ場の管理人に聞いたら、津具から飯田までバスを乗り継ぎ、飯田線の本長篠まで行き、そこから電車で向かうしか方法が無いらしい。

 

タクシーも保険では2万円が上限なので、とても飯田までは無理。

 

途方に暮れたが、そこは天才!
ひらめいちゃったもんね(^^)v

この時間からだと、浜松まで搬送できない。
そして明日は歌って踊れるスーパーメカニックは休みだと。

一旦、レッカー会社の飯田に戻り、火曜日に搬送してもらうことになった。そこで、レッカーのお兄さんに頼んで、飯田まで乗せて行ってもらうことにした。

本当にありがとう。助かりました。

 

MINIよ、行ってらっしゃ~い!
元気になって戻ってくるんだよ。

 


浜松で乗り捨てできるレンタカーを用意してもらい、一人寂しくキャンプ場に向かうのだった。

 

 

これって、BMWジャパンでも、この事象は認識していて、電動パワーステアリングポンプの保障を3年から12年に延長したらしい。

えぇ~~?聞いて無いぞぉ~~!

 

それから、電動パワーステアリングポンプはBOSHから同等品が半額ぐらいで出ているんだって。それだけこのパーツの故障が多いという事なのだ。

 


そうそう、台風の影響で前が見えないほどの雨の中、ワイパーをMAXに動かすと眠くなってしまう。

まさに、トンボになった気分。
スーッと睡眠導入されてしまいそうだった。

足湯に寄ったり、お昼寝したりして、なんとか無事に到着!
あぁ~~ほっとした。

まったくもって散々な夏休みだったぞ。
笑い話になって良かったけどね(^^)v

One Comment
  1. レッカーのお兄さん、MINIだけじゃなく奥さんと子ども乗せてきたって(爆)
    夏休みだもんね。ある意味、社会貢献ってか(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です