つぐ高原で起こったBMWミニの大惨事はオルタネーターの故障だった!

やっとMINIが戻ってきた!
つぐ高原で別れてから早3週間。

さびしかった。おかえりなさい!

おまえがガレージにいると安心するぞ( ̄ー ̄)ニヤリ


さて・・・・・

故障の仮説は以下だった。

① 冷却ファンが故障
② そのまま気が付かずに乗る(普通は気が付かない)
③ 電動パワーステアリングポンプが焼き付く
④ パワーステアリングが重くなり故障に気付いて工場へ
⑤ そのまま乗り続けるとモーターに過剰に電気が流れ続けて発電機がパンクして故障

冷却ファンにパワステ、オルタネーターにバッテリーと、かなりの損害だろ~なと。

 

 

ところが、実際には

① オルタネーター故障
② パワーステアリングポンプ停止(電動)
③ 冷却ファン停止
④ オーバーヒート

メーター内のバッテリーランプ点灯は、オルタネーターの故障だったんだな。

 

 

 


幸いにも電動パワーステアリングポンプが壊れていなかったので、修理はオルタネーター、バッテリー交換のみで済んだ。

覚悟していた半額程度で非常に助かった。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です