カステラの元祖・・・パンデロー

一目惚れしてしまったのはパンデロー
ポルトガルのお菓子でカステラの元祖といわれている。
Palermo001.jpg
このとろ?りとろとろを見たら一目惚れでしょう(^^)v


SANY1969.jpg
パレルモ の店主に頼んでおいて焼いてもらったんだ。

 

SANY1972.jpg
o(^-^)o ワクワクしながら包丁を入れてみた・・・

(^◇^;)とろ?りとろとろが出ないぃ???
(┰_┰)しょぼーん(┰_┰)しょぼーん(┰_┰)しょぼーん
とろとろの雰囲気はあるんだけどねぇ??


子供の様にガッカリしてしまった(/TДT)/あうぅ(/TДT)/あうぅ
気を取り戻して・・・

 

一口食べてみた。
おっ!旨いぃ~~
しっとりしていて今にもとろけそうな生地に味がある。
まさしくカステイラの原型だ。

 

本当に良いケーキと巡り会えた。
中からとろ?りと出てこなくても、この味わいはナイス。
今度はもう少しレアに焼いてもらおうっと(-。-) ボソッ
カステラと言えば、萬屋錦之助主演の長崎犯科帳で
「わしゃ、カステイラが大好きじゃでのぉ??」
って言うシーンを思い出す。
ワシも大好きじゃでのぉ??( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

SANY1989.jpg
しっとりとしているが甘ったるくない。
カステラとシフォンの中間って感じかな?

 

ホイップクリームをたっぷり塗ってみた・・・。
おおおおマジ旨い!
ブルーベリーを添えて召し上がれ(^^)v

パンデローのレシピ
元祖カステラのパォン・デ・ローの「ロー」は、織物の「絽」が語源で、ふかふかした形状から「絽のようなパン」と言われたという説がある。ポルトガルでは、復活祭のときに守護聖人へのお供えものとして焼かれる伝統菓子で、中世の修道院で焼かれ、現在もポルトガル各地で焼かれている。伝統的な形は、大きな円形の中央にドーナツのように穴のあいたものだが、今は穴のないタイプの方が多いようだ。
だってさ!
また一つ勉強になったよ。

 

SANY18345.jpg

■世界のごちそう パレルモ
兵庫県神戸市東灘区本山中町3-3-21
ペガサス本山1F
Tel. 078-431-5021
営業時間:11:30?14:30(※ラストオーダー14:00)
17:30?23:00(※ラストオーダー22:00)
定休日:水

0 comments to “カステラの元祖・・・パンデロー”
  1. SECRET: 0
    PASS: 9420e7026810fbd25958078e55653c89
    とろ~りトロトロが良いよぉ~~
    このパンデローも少しだけカスタード状態だったからね。
    やっぱり焼き上がったら早めに食べないと固まっちゃうのかなぁ?
    パレルモに急に行っても食べられないよ(爆)
    予約していったらOKだよ。
    350円くらいだったような気がした(-。-) ボソッ
    でも、遠いから自分で作った方が良さそうだね(^^)v

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    うぉっ!!めっさ美味しそう♪(*≧∀≦)ノ
    このトロ~っとした感じが最高っ!!!!
    ん?パレルモに行けば食べれるんか??あ、違うか・・・・。
    頼んで作って貰ったんかー。
    よぉーしっ!こうなったら自分で作るしか無いんかな。
    美味しい物の為なら頑張れるっ!(*>∀<*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です