薫りの逸品「赤ゆずごしょう」=赤柚唐辛子(爆)

ゆずごしょうとの出会は10年かなぁ?
水炊き「いろは」で衝撃はメッチャ激しかった(爆)

そして、今度は赤と出会ってしまいました( ̄ー ̄)ニヤリッ

さて、お味は・・・・・


SANY18592.jpg
こいつを入れると料理が2段階あがるぜ( ̄ー ̄)ニヤリッ

味噌汁、鍋、うどん等の麺類、鶏の刺身、淡水魚の刺身の薬味などアイディア次第でね(^^)v

ゆずごしょうの原料は・・・
黄色く熟れる前の青い柚子と、新鮮で辛味の強い青唐辛子で作っています。
完熟した黄色い柚子は、赤唐辛子と組み合わせて「赤ゆずごしょう」になります。
津江では、昔から庭の柚子の実を採って、唐辛子と混ぜて自家製のゆずごしょうを作っていました。九州では「唐辛子」のことを「こしょう」と呼ぶため、ゆずごしょうと言われるようになったといわれています。

だってさ(爆)
そう言えば胡椒の味はしないもんね(-。-) ボソッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です