連月荘で心の洗濯

行ってきました
熱海温泉 連月荘
「心の洗濯が出来る温泉旅館」
ひと言で表すとこうなるのかな。

SANY0190.jpg

さて・・・・・

SANY0210.jpg
昭和の文豪達も、この雰囲気を愛でながら執筆活動をしたのだろう。

到着して、家族と荷物を先に下ろし、愛車は駐車場へ・・・
熱海特有の坂道をのぼって、少し離れた場所が駐車スペースだった。

大人7人の大家族には、離れを用意してくれた。
美しい日本庭園を楽しみなが離れに向かう。
今までの雑踏が嘘のように、厳粛な静けさに包まれた。

入り口の飛び石を渡り、離れに入ると・・・
初めて来たのだが、どこか懐かしい感じがする。
障子を開けると、廊下が離れの外周を囲む。
夏は涼しく、冬は暖かくする知恵なのだろう。

 

SANY0211.jpg
女将の入れてくれる美味しいお茶をいただいて、宿についてのうんちくを聞きながら、旅で疲れた身体を休ませた。

この宿は古いけど、和風ドールズハウスで、紹介されたのだそうだ。
なるほど・・・写真で見ると美しい(爆)

和風ドールズハウス(第85号)2006/09/05

■日本の宿
静岡県熱海温泉 連月荘
旅と宿の文化と風俗 神社の参拝作法

私たちは、離れの中を探索しながら、これからの予定を錬った。
主役のオヤジは、移動で疲れたのか、座布団を枕に休み始めた。

母も、父につき合うと言いだしたので、私たちだけで御神木「大楠」が有名な由緒正しき「来宮神社」にお参りすることにした。

その後、熱海の繁華街を探検し、夕食の18時に間に合うよう宿に戻った。

そして夕食・・・

SANY0190.jpg
テーブル中央にデンと置かれた舟盛りが圧巻だ。

 

 

SANY0195.jpg
これが全景!画像がぶれているのは、早く食べたかったから(爆)

この後、伊勢エビの鬼殻焼き、お祝いのお赤飯、鯛の塩焼き
もちろんお汁にご飯も運ばれてきた。

テーブルに乗りきらないぞぉ(;^_^A アセアセ…

 

SANY0203.jpg
連月荘から差し入れて貰った鯛・・・

めっちゃ大きくて美味しかったぁ!おかみさんありがとうm(__)m

あまりの勢いでお刺身を食べ尽くした我が家族に対し、「凄い、こんなに綺麗に食べて貰えて、魚たちも喜んで居るわよ!」と、喜んでくれた。

久しぶりに心の洗濯が出来た感じだ。

連月荘・・・その昔は恋月荘とも書かれていたらしい。
熱海に行くなら、是非にと進めたくなる旅館だった(^^)v
また行くからね!

■連月荘 (れんげつそう)
0557-81-4040
静岡県熱海市西山町12-1

連月荘旅館 / 来宮駅

夜総合点★★★★ 4.0

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です