HANAICHIで四川料理!お得なサービスランチ!

高丘にある流通センターで商品と戯れる。
慣れない仕事も脳の活性化には良いかもぉ(爆)
「近くに美味しい担々麺がありますよ!
浜松でも1?2だと思います。」
ん?そうなん?後輩の頼もしい言葉に( ̄ー ̄)ニヤリッ
脇目もふらずにHANAICHI!
09-CA390180.jpg
さて、お味は・・・・・


09-CA390181.jpg
メニューを見てると、日替わりサービスランチ (11:30?14:00)が良さそう。
担々麺とご飯を頼んだ先輩は、1,200円くらい払ったもん。
Aランチ1050円(本日のランチ+スープ+白飯+いろいろサラダバー+ドリンクバー)
Bランチ1260円(Aランチ+デザートバー<デザートは2品自由に選択>)
Cランチ2000円(Bランチ+本日のお料理もう1品)
*スープ・白飯・いろいろサラダバー・ドリンクバーはお替り自由です。
本日のランチはなんですか?って聞くと
若鶏のモモと野菜のなんちゃらかんちゃら・・・。
旨そうジャン( ̄? ̄*)じゅるぅ? って事で、浜松1?2と言われる担々麺をあっさりと諦める(爆)
だって、こないだ黒ごま担々麺たべたもんね(^^)v
四川飯店にて9年間の修行を経て、1997年7月15日「華市」をオープンした。
また、自家菜園で採れた旬の野菜や、お肉も生産現場に自ら足を運んで仕入るなど、
食材には特にこだわっていると言う。
いろいろサラダバーは、お総菜とサラダがたっぷり。
どれも本格的ぃ???!

 

09-CA390178.jpg
これだけでもご飯を何杯も食べれそうだ(爆)

 

09-CA390179.jpg
ピータン乗せ豆腐!
これも旨い(^^)v

 

09-CA390184.jpg
お代わりしたご飯を後輩はシューマイで食べた(爆)

 

09-CA390182.jpg
このスープがまたあっさりして良いお味!
こんなについて1,050円はとってもおすすめだ( ̄ー ̄)ニヤリッ

中国三千年の食を味わう。
中国では料理のことを「菜」という。
「四川菜」は北方系の北京菜、東部系の上海菜、南方系の広東菜と並ぶ、中国料理の四大系統の一つで、中国の西部、長江(揚子江)の上流一帯の料理である。
四川省は、内陸部で山あり川ありの土地柄だが、肥沃な盆地をもっているため、農畜産物は豊富で、食材は多種多様だ。
そして調理法や調味法は他省にない独特なものを多くもっている。
そして辛さが基本の料理の味は、日本とはかけはなれた高温多湿の四川の風土と無関係ではない。
辛い料理を食べて汗を流し、体の新陳代謝をはかるためだ。

09-CA390186.jpg

■中国四川家庭料理 華市 (HANAICHI)
静岡県浜松市西区湖東町3048-7
053-486-1101

中国四川家庭料理 華市 (四川料理 / 浜松市その他)
★★★★ 4.0

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です