型枠を外すとはっきり分かる底面が上に来る逆スラブ

スラブって、主にべた基礎の底部分(床)のことをさす。
それが逆さまになったような造りだから逆スラブ
まさに面で支える様な基礎だ。
1312-P1170288.jpg
縁の下が無い造りとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です