酷道152号線で行くパワースポット ゼロ磁場 分杭峠

塩湯荘で美味しい朝食をいただいて、「分杭峠」の情報収集。
ここは、未知なるパワーで、疲れもふっとび、やる気満載になると言われるパワースポット

おぉ~イイネ!
今でもやる気満載だけど、もっと欲張っちゃおうか( ̄ー ̄)ニヤリッ

聞けば、今はシーズンオフだから、シャトルバスは運行していないんだって。
そして、道路封鎖はまだ先、通行可能だよと。

ん?
と、言うことは?????

MINIでいけるってことだ ρ(*^_^*)ρシャカシャカ ρ(^o^)ρツクチャカ

メディアで取り上げられたため、分杭峠人気が急上昇し、路上駐車が増えてしまったので、全面駐車禁止!シャトルバスでしか行くことが出来なくなったのだ。

MINIで行けるなんて、なんと言う幸運!
普段の行いが良いからに決まってるじゃんね。

国道152号線を進んで、やっと到着ぅ~~~!( ̄ー ̄)ニヤリッ

1611-p1010075
さて・・・・

1611-p1010065
朝から美味しい食事はありがたい。

 

1611-p1010068
湧き出る塩鉱泉に浸けたイワナの一夜干し
頭からボリボリ食べれて、めちゃくちゃ美味しかった(^^)v

 

1611-p1010070
もちろん、具沢山の信州味噌も(^^)v

   1611-p1010063
イワナが住めるほどの清流ともお別れし、例の国道152号線をひたすら進む。 

ここ、本当に国道かねぇ~? 
狭い1車線の道路に傷んだ路面、ガードレールもなく枯葉が積もった路肩(爆)
だからわれらが152号線は、酷道の代表格なんだ(^^)v 

そんな酷道をものともせず、MINIは快調に進んでゆく(^^)v

 

1611-p1010076
閉鎖されているが、徒歩なら楽勝じゃんね(^^)v

それにしても 商売っ気 満載(爆)

 1611-p1010077
記念撮影(^^)v

 

1611-p1010079
 峠からの景色。

 

1611-p1010081
まっすぐな谷が見える・・・
 1611-p1010080
中国で奇跡を起こす場所として有名な湖北省の「蓮花山」を発見した、張志祥氏が日本で発見したゼロ地場が分杭峠。蓮花山にまさるとも劣らない良好な「気」が出ている場所だと明言したらしい。
 
1611-p1010078
説明看板をじっと眺める。

 1611-p1010084
そうだ、ここは古道秋葉街道

 

1611-p1010083
真気場だって!
いつも、りんかい線で新木場方面に乗るんですけど(爆)

 

1611-p1010082
かなりの広場
トイレもあったが、シーズンオフのため閉鎖。

 

1611-p1010090
なぁ~んだ。 
ゼロ磁場(気場)はここじゃなかった。
100mほど歩くのだと。

 

1611-p1010085
風情のある山道を歩く。

 

1611-p1010087
ここがゼロ磁場(気場)
 
膻中の前で両手を合わせ、合掌のポーズ!
これで経穴から、気を全身に巡らせることができる。

経絡秘孔を徹底的に叩き込まれたもんね( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

1611-p1010086
気は、健康、家内安全、幸福、繁栄などをもたらす幸福のエネルギーと言われていて、 良い気をいかに自分の生活に取り入れるかの技法が風水なのだ。

イイネぇ~神秘的なの大好き。なんか幸せになった気がする(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です