400年前のロマン漂う美濃の大仙寺 宮本武蔵が座禅を組んだ石が残ってた

宮本武蔵が禅の修業をしたという大仙寺。

剣術修行に明け暮れていた武蔵が、兵法をさらに極めるため、幅広い教養を身につけようと禅修行をしていた。

武蔵は、美濃の大仙寺を訪れ門をたたくも、入門を断られてしまう。
そこで三日三晩、坐禅を組み、待ち続けた結果、入門が許された。

武蔵が坐禅を組んだとされる石が、今も残っていた( ̄ー ̄)ニヤリ


さて・・・・


立派な石垣

 

 

 

 


愚堂東寔が住職の時代に沢庵宗彭の勧めにより宮本武蔵が訪れたとされ、その際に座禅をしたという石。

 

 

 


吉川栄治の小説宮本武蔵について

史実において武蔵と沢庵和尚の間に接触のあった記録は無く、吉川自身も「武蔵と沢庵和尚の出会いは、自身による創作である」と明言している。

とは言え、夢があってイイね(^^)v

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓
One comment to “400年前のロマン漂う美濃の大仙寺 宮本武蔵が座禅を組んだ石が残ってた”
  1. おはよう御座います👋😆✨☀️
    今日も八百津の宣伝をして頂いて有り難う御座います🎉✨😆✨🎊
    八百津の宣伝マンそして魁勝の応援団、千畝号タクシーのタミールコイケでしたー🚕💨💨🌟

    タミールは此のお寺で
    タミールコイケオンステージをさせて頂いて居ります🎤🕺🎶🎵🎼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です