遠州森の石松にあやかり勝運守にカチっと入れてゴーンと突く橘谷山 大洞院

遠州森の石松と言えば、「江戸っ子だってねぇ。寿司を食いねぇ」が有名。 そんなコミカルな印象の石松は、山岡鉄斎とも親交があった幕末の侠客・清水次郎長の子分 石松の墓で知られる大洞院は、全国に三四〇〇余の末寺を待つ東海曹洞禅

静けさと恐怖が共存する遠州七不思議「龍神伝説」の龍の眠る池 池宮神社

御前崎の池宮神社には龍の眠る池がある。 この池は、三方を原生林に囲まれ、深い緑色の水をたたえる。 なんでも偉いお坊さんが人々を導くために、池の底に沈み龍になったのだと。 その弟子たちが、お坊さんを供養するために始めたのが

ヒノカグツチと天狗の総帥 秋葉山三尺坊のご加護で厄除け 秋葉山本宮秋葉神社

どでかく使おうウェイクだよ を守ってもらおうと、 普済寺でお墓参りした後に、ドライブがてら秋葉神社。 ランドクルーザーもミニもエッセもポルテも、みんな秋葉神社だもん。 秋葉山本宮秋葉神社で祀られている神様は、火之迦具土大

まだ満開には早かった皇衜治教カナメ神宮でコロナの終息を祈念してきた

美味しい食事の後に、ほんのちょっと足を延ばして皇衜治教カナメ神宮 不運や悩みなどの悪い因縁を御神刀により断ち切って、霊魂を救い災いを無くてくれる。 新型コロナウイルスの悪霊をぶった切ってもらいたい。 ここは、春には源平し

呑み鉄 で立ち寄る 伊豆国一ノ宮 源頼朝が源氏再興を祈願した三嶋大社

出雲大社のご祭神である大国主命(おおくにぬしのみこと)は、大黒さま! そして、この三嶋大社では、大黒さまの息子にあたる恵比寿さまを祀っている。 へぇ~~、親子だったんだ。 源頼朝が源氏再興を祈願したほど格式が高く、日本総

庚子年だから小國神社に初詣 ついでに茶寮宮川でくるみ味噌団子

令和2年は十干十二支の巡りで「庚子年」(かのえねどし) 子年とかかわりの深い小國神社に、お参りに行ってきた。 仕事始めの前日、朝7時に家を出たけど、それほど混んでいない。 参拝したら、美味しいもの食べて帰ろうっと(^^)

豊川稲荷 千体のきつねが建ち並ぶ霊狐塚に感謝の気持ちを伝えに年末参り

一年をふり返って、感謝の気持ちを伝えてきた。 日本三大稲荷として有名な愛知の豊川稲荷。 この地区屈指の人気稲荷は、実は我が家の菩提寺 普済寺の末寺なのだ。 本殿でお参りを済ませたら、奥の院に進み 千体のきつねが建ち並ぶ霊

遠江国の総社 淡海國玉神社の白うさぎ と 横須賀城の玉石垣は旧見附学校

遠江国の総社と呼ばれる淡海國玉神社にお参りしてきた。 淡海國玉神社の淡海は浜名湖、國玉は国の魂って事だから、このあたりの国土そのものを神格化しているのだと。 見付は、古代からの国府、中世以降の守護所の所在地として遠江国の

遠州七不思議のひとつ しっぺい太郎伝説と天下の奇祭見付天神裸祭

愛犬のためにお参りした矢奈比売神社 地元では「見付のお天神さま」と親しまれている。 天神さまのあるつつじ公園には、しっぺい太郎を祀った霊犬神社。 怪物を退治して見付の里を救ってくれた、霊験あらたかな犬を神様として祀ったも