エアコンが冷えない!富士通ゼネラルに依頼した不具合調査と現状復帰

リビングの吹き抜けを1台でカバーするエアコン AS-V71C2-W が冷えない!
夏を乗り切るためには、修理必須!

冷房18度で10~15分ほど運転させ、フィンの温度を測定したが、全く冷えていない。

よって、冷却ガス漏れと断定できたので、富士通ゼネラルのコールセンターに連絡し、修理に来てもらうことにした( ̄ー ̄)ニヤリッ


さて・・・・


コールセンターに伝えた内容は2つ。
・冷えない
・エラー点灯なし

修理しなくても出張費と調査費用がかかることを了承した。
そして、不具合箇所が特定でき、ガスを充填すると概ね3万円の費用が発生するんだって。

 保証期間 5年の冷媒回路が原因でありますように(-。-) ボソッ

 


ガスの容量を量るインジケーター
な、なんと、からっぽだってさ。スッカラカン!

 


調査の結果、施工時の不具合から接合部にてガス漏れをおこしていることが判明。

漏れている部分も特定出来ている。

このエアコンは、新築祝いに建築会社からプレゼントされたもの。

 


建築会社に相談すると、電気工事を施工した業者に修理させると調整に時間がかかってしまうので、富士通ゼネラルさんに修理してもらい、請求は建築会社に回すこととなった。

ρ(*^_^*)ρシャカシャカ ρ(^o^)ρツクチャカ

富士通ゼネラルさんが用意してくれたフロンガスは、デュポンの新冷媒フロンガスR410a
ノーブランドではなく、一流品のフロンガス(^^)v

再充填禁止容器に入って、Amazonで15,000円以上するんだよ。

 


これで現状復帰だ(^^)v

 


冷房30畳の能力。しかも、高い省エネ性で節電に貢献(^^)v

さすがの高性能エアコンなので、とってもよく冷える。
こりゃ、羽毛布団を引っ張り出さなきゃ。

家庭用のエアコンでガスが漏れていたらメーカーに依頼するのがイイよ。

それにしても、費用が発生しなくて助かった(^^)v

 

保存

4 comments to “エアコンが冷えない!富士通ゼネラルに依頼した不具合調査と現状復帰”
  1. 教室として使っているエアコンで、以前の先生から引き継いだ時に一緒に引き継いだエアコンです。
    2016年4月購入の富士通のエアコンです。教室に行かないと型番がわからないです。
    去年も全然効かないので、販売店さんに来てもらったのですが、どこも点滅してないから壊れてないと言われました。納得できないままでしたが見積り料をお支払いしました。
    しかし今年も同じように、先週の部屋の温度は30〜32度の状態、日が暮れたら涼しくなるのかと待ってみても、夜の8時に室温は30度、外の温度は27度でした。火を使う部屋でもないのに、まして18度のハイパワー運転でこの状態は故障以外の何者でもないと思い、メーカーのコールセンターにメールを送ったら明日見に来られることになりました。

    こういう場合は、ハズレを購入したということで、買い換えた方がよいのでしょうか?
    もし何かよいアドバイスをいただければお願いしたいと思います。

    • エアコンが効かないのは困りますね。
      あくまでも素人の考えとして参考程度に聞いてください。

      この記事を書いて、修理されたエアコンは、とても快適でしたが、
      その3年後に再び冷えなくなりました。

      確認の方法は、以下を参考にしてください。
      https://hikuma.net/house/55836

      再度、メーカーに依頼したのですが、今度は
      連結されるホースに細かい穴があってそこから徐々に冷却ガスが漏れてなくなってしまった。
      となりました。

      まさに、gepkt様からの指摘どおりでした。

      冷えないのでは困るので、3万円程の修理費用を支払い現在に至ります。

      私はエアコンを365日24時間つけています。
      なので、修理にいらっしゃる方に、ホースに穴が開いて無いかも確認してもらえばいいと思います。

    • 富士通さんが細部まで確認してくれましたので大丈夫だと思っています。とりあえず3ヶ月以内に漏れたら保証してくれるとのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です