エアコンが冷えない!クリーニングや修理の判断基準を調査してみた

リビングの吹き抜けを1台でカバーするエアコン AS-V71C2-W が冷えない!
これから本格的な夏を迎えるのに、とっても困っちゃうじゃんね。

事象
1.生ぬるい風が出る
2.ドレンから水が出ていない
3.冷却バルブに霜はついていない

掃除すれば治るのか、修理が必要なのかまったくわからないので、エアコンの症状をどのように把握するかを調べ、現状復帰のための方針を決めてみた。


さて・・・・


富士通ゼネラルエアコン AS-V71C2-W
暖房23畳、冷房30畳の能力。しかも、高い省エネ性で節電に貢献(^^)v

 

主な機能

●高密度マルチパス熱交換器、「I-PAM®」制御、高電圧ベクトルPAMインバーター
●快適自動スイング上下、ハイパワー運転、ソフトクール除湿、ランドリーモード
●プラズマイオン、内部クリーン、抗菌空清フィルター、高密度ミクロ・エアフィルター
●室外機小動物侵入抑制構造、24時間プログラムタイマー、おやすみタイマー、コーティング基板、コンパクト室内機

 

おぉ~~素晴らしい!

 


冷えない原因

仮説1 掃除不足 → エアコンクリーニング
仮説2 故障 → 修理
仮説3 冷却ガス漏れ → 修理&ガス充てん

 

 

対策1 室内機のフィルターと、室外機を掃除

・室内機のフィルターに少し埃がたまっていたので水洗い。乾燥させてから取り付けた。
・室外機の内部を掃除機で吸い取り、裏側の熱交換機をブロワで埃を取り除いた。
・ドレンホースを掃除機で掃除(ブロア&バキューム)

 

対策2 室内機、室外機ともに稼働することを確認。

・電源を抜き 30分間放置後、再入電の際のエラーメッセージ(電源ランプ点灯)を確認。
・リモコンの電池を新品に交換
・室外機のファンが回り、風が出ていることを確認。

 

対策3 冷却フィンの温度調査

・室外機の配管接続部に霜は無い。
・冷房18度で10~15分ほど運転させてから、フィンの温度を測定。
A)上から下まで冷たくなっていれば、ガスはOK。
B)上だけ冷たくて、下は温いのであれば、ガス抜けを疑う。

 


結果

エラーメッセージは出ていない。致命的な故障はなさそうだ。
対策3でフィンが上も下も冷えていないため、冷却ガス漏れと断定。

振動の多い車と違って、家庭用エアコンはガスが自然に抜けることは無い。
したがって、抜ける場所と原因を調査しないと再発することになる。

 
参考

ルームエアコンの保証期間について

富士通ゼネラル、ルームエアコンの冷媒回路の保証期間は5年です。
※冷媒回路とは、圧縮機、熱交換器、室内・室外ユニット内の配管のことです。
冷媒回路 : 保証期間 5年
本体(消耗品は除く) : 保証期間 1年
※正常な状態でご使用いただきながら故障した場合に限ります。

 
ここはやっぱりメーカーに依頼して原因追求と原状復帰をお願いしよう。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です