シチズンに送ったプロマスターPMD56-2773が修理と分解掃除から戻ってきた

修理してもらった時計が戻ってきた!

花の舞の試飲から帰ってきたら、自分ばかりか時計の針がダラリンって(爆)
2006年に購入したプロマスター、一度もメンテナンスしていないもんね。

メーカーに依頼して、
時計内部の機械部品を全て分解し、組み立てなおしてもらった。

冬だし、コードバンのベルトを取り付けて洒落てみよう(‾ー‾)ニヤリッ


さて・・・・

シチズンカスタマーサービスより

長針の針外れがあるため針修理と またAボタンが固着気味でございますので修理が必要でございます。

・分解掃除(*1)
・パッキング交換
・針修理
・ボタン修理
・外装洗浄
・バンド全ピン固定力検査
・精度検査
・発電機能検査
・実測検査

 

 

(*1)分解掃除
今回、時計内部の機械部品を全て分解し、 有機溶剤により洗浄し古い油を落とします。
さらに、各々の部品に合った新しい潤滑油を給油しながら 組み立てていきます。
この際、劣化部品や不具合がある部品も交換もさせていただき、 初期性能に近い機械の状態に戻します。

 

 


おぉ~~良いじゃん。
修理および分解掃除ありがとう。

もう一つのプロマスター
標準位置がずれるんだけど、修正方法を問い合わせてみた。

すると・・・

ご使用中に日時が合わないことなどがありましたら、下記のURLの「基準位置合確認、修正」をご参照いただき、操作をしみてください。

って。ありがたい。

▼<簡易操作ガイド  PDF 2枚目>
http://citizen.jp/support/guide/h41x.pdf

▼<取扱説明書 P42~P44>
http://citizen.jp/support/manual/har05.pdf

お気に入りの時計だし、まだまだしっかり働いてもらいたいもんね(^^)v

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です