ヨーロッパのタンナーに特注する手なめしカーフを使用した万双サンタフェトート

トートバッグの起源を調べてみると、ボート・アンド・トート・バッグにたどり着く。

L・L・ビーンが1944年、氷の塊を運ぶためのバッグとして発売して以来、そのヘビーデューティさが受けて日常へも浸透したトートバッグ。

L・L・ビーンも良いが、もう少し良いトートが欲しくて・・・いつもの万双
フランス製の上質のカーフを使用した万双サンタフェトート( ̄ー ̄)ニヤリ

さて・・・・


持ち手をバッグ底面から伸ばし、バッグ自体の耐久性を向上。

万双で使用している革は、ヨーロッパで厳選されたタンナーに特注、
革本来の特色を生かすため、手なめし、手染めにこだわっている。

使い込めば艶が増し、革本来の柔らかさと経年変化を楽しめる大人のトートバッグ。

 

 


現在のビジネスシーンに合うよう天ファスナーも装備

 

 


全体の型くずれを防ぐために、底部にちょっと変わったマチ

 

 


底の鋲も5つ
汚さず、しっかりと立っている。

 

 


おぉ~~、立派なバッグコレクションだぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

東京上野のアメ横の雑踏に紛れるおよそ一坪の小さな店舗、屋号は「万双」。
世界を見回しても他に類を見ない品質の高さを自負し、「常識的な価格」を貫くオリジナル革製品の店。

 

■有限会社 万双(まんそう)
東京都台東区上野6丁目4番7号
03-3832-6461(平日10:30~15:00)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です