蒸し暑い夏に「しぼったそのまま一番酒」を冷やで!

娘の料理!
最近は腕もあがってきたので、家のみがすっかり多くなってきました(爆)
まっ、仕事から帰ると、誰も居ないから一人で飲むのだけどね。
蒸し暑い夜、キンキンに冷やしておいた日本酒を江戸切子で!
良いねぇ~~
「しぼったそのまま一番酒」
少しでよいからうまい酒を呑みたい。そんな期待に応えられる生原酒( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~
1406-P1190532.jpg
さて、お味は・・・・・


1406-P1190529.jpg
とろ~りとしたうまさは天下一品。
旨いに決まってるよねぇ( ̄ー ̄)ニヤリッ

もちろんちょっとだけ・・・を繰り返し、飲み干しちゃったけどさ_(_△_)ノ彡☆ギャハハハ!バンバン!!

この切子、妹からの頂き物です。
色を被せたガラス生地に、グラインダーで幾何学的な文様を彫る技法を、 カッティング(切子)といいます。

江戸後期の江戸切子と薩摩切子は、 当時のヨーロッパの水準に照らしても、完成されたレベルだったと聞きます。
日本の技術って良いね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です