日本三大崩れの大谷崩れで赤く染まった水から命名された赤水の滝

コンヤ温泉の西にある大谷嶺の山崩れで、安倍川が堰き止められてできた滝。
赤く染まった水が流れたことから赤水の滝と名付けられた。

宝永4年(1707年)に発生した大地震と洪水によって、日本三大崩れのひとつといわれる大谷崩れとなった。
今では、むき出しの岩肌と新緑や紅葉の対比が美しい絶好のハイキングコースなんだって。

よく見ると三段になっている滝は迫力満点
赤水のイメージが全くない程、青々とした滝つぼが美しい( ̄ー ̄)ニヤリ

さて・・・・


展望台から滝に向かう途中の小川
まさかこれじゃ無いよねってほど小さい(爆)

 

 


残念ながら滝つぼの側までは行けない。

 


ほら、三段だろ。

 

 


梅ヶ島滝めぐり
涼しいしマイナスイオンたっぷりで良いかも(^^)v

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です