安土桃山期の三名塔 三重塔に大念珠 神秘的な るりの滝がある目の霊山 油山寺

紅葉の名所、医王山薬王院油山寺に行ってみた。

「目の霊山」として広く信仰されている真言宗の古刹は、
山全体が霊域で、奈良時代から変わることのない姿をとどめているんだって。

眼を守護する仏様
または心の病を癒し心眼を開く「心身安楽」の仏様をおまつりするお寺(‾ー‾)ニヤリッ


さて・・・・


威風堂々
さすが、遠州三山の一つ

 

 


山門をくぐると色鮮やかなモミジが広がりとってもいい感じ。

 

 

連なった朱色の鳥居の先にあるのは光明稲荷。
商売繁盛、福徳円満に御利益があるお稲荷さん

 

 


紅葉もきれいだ。

 

 


頭がバカにでっかいお坊さんは、禅宗(臨済宗)の開祖 栄西禅師(千光国師)

中国から日本にお茶を伝えたという栄西禅師は、
京都・東福寺開山の円爾(聖一国師)らと共に、三国師と呼ばれ、
お茶どころ静岡では、特別な気持ちを込めて感謝されている。

 

 


目も足も腰も良くなりますように・・・

でも、みんな頭に煙を集めてるんですけど。

 

 


250年以上前に建てられた歴史ある方丈を拝観させてもらった。

廊下には、樹齢1000年のマキから作った大念珠に め・め・め
まさに「目の霊山」だ。

 

 


薬師千体仏

 

 


国の重要文化財に指定された山門の鯱鉾(しゃちほこ)

 

 


目の前に広がる自然林は、一万年前の姿をとどめた大変貴重な森林。
谷川のせせらぎや野鳥の声が聞こえ、静けさに心を休ませることができる。

 


苔のむしかたが良いね。

 

 

 


るりの滝

孝謙天皇が病の折、この滝の水で御眼を洗ったところ病が完治したと伝えられている。

 

 

 


三重塔

源頼朝公より眼病平癒のお礼として薬師本堂と共に建立された。

滋賀県の長命寺と京都府の宝積寺の三重塔と共に、安土桃山期の三名塔の一つに数えられている国の重要文化財

 

 


薬師本堂

山頂にある薬師本堂。
秘仏薬師如来を納めた厨子と当山の守護神である軍善坊大権現が祭られている。

軍善坊大権現(ぐんぜんぼうだいごんげん)は、天狗の姿をした健足の神様で、
古くから足腰の病に霊験あらたかであると伝えられている。

 

●医王山薬王院 油山寺(ユサンジ)
0538-42-3633
静岡県 袋井市 村松1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です