さっぱりとした秘伝のタレでうなぎ重箱 創業安政3年 三島のうなぎ桜家

三島でうなぎと言えば桜家と言われるほど有名なお店は、安政3年(1856年)創業の老舗。 土用の丑の日を前に、贅沢しに行ってきた。 富士の伏流水に数日泳がして身を引き締め、香ばしくふっくらと焼き上げたうなぎ。 丁寧な手仕事

三島広小路駅にその名も立ち飲み処 駅でたたみしらすと豚バラ串焼き

三島広小路駅にある その名も立ち飲み処 駅 売店があったような場所に、透明なシートで囲われたお店 先客の横を通り過ぎ、大将の目の前でスタンバイ。 アットホームな雰囲気で隣で飲んでいる先客と楽しく会話 先ずは生ビール、そし

三嶋大社境内の福太郎本舗でBE-BOP風リーゼントがイカス福太郎餅

大社でお参りをし、境内にある福太郎茶屋で一休み。 暑いから冷たいかき氷でもいただこう。 名物 福太郎餅 「福太郎」は、“こしあん”でくるんだ草餅・・・・。 ん?BE-BOPにしか見えないぞ リーゼント頭の福太郎餅とお茶の

ラーメンラッシュの店 味の終着駅 次郎​長で満腹絶倒カレーとチャーハン

ラーメンラッシュの店 味の終着駅 次郎​長 興味をそそる単語の三連チャン。聞けば、でか盛りの人気店なんだって。 三島には、なぜか でか盛り料理を提供するお店が多い。 ここも、でか盛りチャーハンが人気だけど、実は裏メニュー

三島大社で半年分の罪やけがれをはらい清める夏越の大祓 茅の輪神事

知らず知らずのうちに犯している罪やけがれを、半年ごとに人形に託してはらい清める夏越の大祓(なごしのおおはらえ) 参道に設置された、茅(かや)で作られた大きな輪をくぐり、災厄を払い無病息災を祈願してきた。これが「茅の輪(ち

呑み鉄 で立ち寄る 伊豆国一ノ宮 源頼朝が源氏再興を祈願した三嶋大社

出雲大社のご祭神である大国主命(おおくにぬしのみこと)は、大黒さま! そして、この三嶋大社では、大黒さまの息子にあたる恵比寿さまを祀っている。 へぇ~~、親子だったんだ。 源頼朝が源氏再興を祈願したほど格式が高く、日本総

呑み鉄 第三弾は伊豆箱根鉄道 通称「いずっぱこ」でみしまコロッケと臥龍梅

富士高砂酒造で、搾りたての酒をたらふく飲んだ後、前から乗ってみたかった「いずっぱこ」 売店でみしまコロッケを買い込んで、いざ乗車(^^)v 差し入れてくれた臥龍梅は、  純米大吟醸 無濾過生貯原酒 備前雄町!

店長おすすめピリッと辛い辛口味噌ラーメンが旨い 鈴福 にラーメン刑事参上

辛口味噌ラーメンが美味しいよと噂の鈴福 関東風正油ラーメンと、味噌ラーメンだけの専門店 昭和53年創業の10坪ほどの店ながら、16時頃でも長蛇の列! それに駐車場待ちもハンパネぇ~~、こりゃ通し営業になるわな。 念願かな

上質な脂を引き出す白むしは「本町うなよし」三島のうなぎ

三島のうなぎ・・・気になっていた。 と言うことで「本町うなよし」 元祖うなよしもあるけど、こっちがお勧めらしい。 駐車場は裏手。割と離れているけど、うなぎの香ばしい匂いが・・・ メニューを見ていたら、白むしがある。 白焼