さっぱりとした秘伝のタレでうなぎ重箱 創業安政3年 三島のうなぎ桜家

三島でうなぎと言えば桜家と言われるほど有名なお店は、安政3年(1856年)創業の老舗。
土用の丑の日を前に、贅沢しに行ってきた。

富士の伏流水に数日泳がして身を引き締め、香ばしくふっくらと焼き上げたうなぎ。
丁寧な手仕事で守り続けた家伝の味を堪能しよう。

うなぎ桜家で味わうさっぱりとしたタレの関東風うなぎ重箱( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~
さて、お味は・・・・


開店時間のちょっと前、店に着いたら40分待ちだって。

 


ウェイティングシートに名前と人数を記入してもらい、川の流れを眺めながら順番を待つ。
富士の雪解け水に数日泳がして、俺の身をしめてもらいたい。

 


待つこと1時間、12時ちょうどに2階へ案内された。

 


見栄えが良いうなぎ重箱

 


いつもどおり、山椒をかけたら蓋をし10秒蒸す。

さすがにふっくら柔らか。
追いタレをかけても、甘辛くないさっぱりしたタレ。

 


肝吸には玉子豆腐

 


三島で評判のうなぎ桜家で、うなぎを食べられる贅沢。
明日から節約しようっと。

 

■うなぎ 桜家 (さくらや) 
055-975-4520 
静岡県三島市広小路町13-2 

うなぎ 桜家うなぎ / 三島広小路駅三島田町駅三島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です