大井川の水資源で育てられた日本屈指の養殖うなぎ 鰻腹弁当をテイクアウト

吉田町は大井川河口西側に位置し、水資源に恵まれた日本屈指の養殖うなぎの産地

南アルプスを源とする大井川の良質で豊富な地下水を使い、
大切に育てられた美味しい鰻を静岡うなぎ漁協の売店でテイクアウト(^^)v

購入したのは、真空パックの肝蒲焼と、
1匹を使ったうなぎ鰻腹(まんぷく)弁当( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

さて、お味は・・・


お腹の具合で、鰻腹弁当か鰻足弁当で悩んだけど、せっかくだから鰻腹弁当
一匹弁当は、なんかなぁ~~。

 


肝蒲焼あったぁ~(^^)v

 


こちらも、南アルプスの地下水を使った花の舞

南アルプス赤石系の山々から、こんこんと湧き出る清冽な地下水を存分に使用して酒造りを行っている。

 


立派なうなぎが食べやすいように切り分けられている。

 


真空パックはこんな感じ
こいつは湯銭にかければばっちりだ。

 


山椒をたっぷりかけたら、いい香り

 


花の舞と合うねぇ~~

リニア問題が勃発しているけど、
山梨県実験線で、笛吹市の桃農家が直面した水枯れを参考にすれば、容認なんてできるはずはない。

おっと、時事ネタを語る気はないが、
静岡県民じゃなくても、この美味しいお酒と美味しいうなぎが食べられなくなるのはとっても困る。

 
■静岡うなぎ漁業協同組合 吉田売店
0548-32-1026
静岡県榛原郡吉田町片岡186-20

静岡うなぎ漁業協同組合 吉田売店うなぎ / 吉田町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。