曳馬本郷の将来を担う子どもたちに凧の楽しさを教る虎の穴用凧作り

二週連続で台風が来る予定の朝、9時に集まって小凧作り! 来月開催の子ども連イベントの準備なのだ。 小さいうちから凧に慣れ親しんでもらい、将来の凧名人を養成する 言わば凧揚げ虎の穴の子ども連版( ̄ー ̄)ニヤリ さて・・・・

曳馬本郷納涼祭で復活!本物の竹で楽しむ流しそうめん

2006から続けた本物の竹で楽しむ流しそうめんも、ここ最近はやっていない。 納涼祭の規模がどんどん大きくなり、あっちこっちの意見を取りまとめきれなくなったからだ。 理由や言い分はいろいろあるが、過去の経緯なんて無視しよう