津ぅのうなぎはソウルフード うなぎ隠れ激戦区で愛される はし家

昭和28年創業の老舗 はし家(はしや)に行ってきた。 津のソウルフードとして、うなぎ隠れ激戦区と言われている。 伊勢湾台風までは浜松・三河と並ぶほど養鰻も盛んで、うなぎの消費量日本一だったこともある。今でも、津ぅのうなぎ

トリユウで味わう松阪のソウルフードは 鶏焼き肉

お伊勢参りが決まってから、味わってみたかったのが松阪の鶏焼き肉 地元では、高級な松阪牛じゃなく、かしわ(鶏肉)がソウルフードとして愛されている。 もちろんアルコールも欲しいから、 電車で移動できるお店を探し、徳和駅から徒

二見興玉神社の沖合に仲睦まじく寄り添うように立つ岩夫婦岩

二見浦の興玉神社は、御祭神に猿田彦大神を祀り、開運や家内安全・交通安全に御利益があると言われている。 その沖合約700m先に鎮まる夫婦岩は、興玉神石と日の大神を拝む鳥居の役目をしているのだと。仲睦まじく寄り添うように立つ

キッチンクックで伊勢のソウルフードB級グルメの カツドライカレー

伊勢のB級三大名物なるものがあるようだ。 まんぷく食堂のからあげ丼 、喫茶モリのモリスパ、そして、キッチンクックのドライカレー! この中で、めっちゃ気になったドライカレーを食べにキッチンクックに行ってきた。 初めてなので

ものごとの最初に万事良い方へ導いてくれる みちひらきの大社 猿田彦大神

店舗を移転したり、新しい事業に挑戦する。 そんなときに力になってくれるのが、みちひらきの大神 猿田彦神社 伊勢神宮の内宮から近いので、お伊勢参りの際は、寄った方が良いよね。 ものごとの最初に御出現になり万事最も良い方へ“

おかげ横丁で豚飼いの捨吉さんが創業した豚捨のコロッケとミンチカツ

いつもは縁日のような賑わいの おかげ横丁も、冷たい雨で人影はまばら。 あっちこっち食べ歩きたかったが、ここはお目当ての豚捨に一目散。 なんせ、伊勢牛一筋になんと100年以上の歴史を持つ老舗の店舗 この店の牛肉があまりにも

名代伊勢うどん 山口屋で お出汁の効いた芯にコシがある 本物の伊勢うどん

せっかく伊勢に来たのだから、本物の伊勢うどんが食べたくて 選んだお店は評判のいい 名代伊勢うどん 山口屋 実は3度目の伊勢うどん 前回もその前も、ねちょっとして ただ甘いだけの印象だったので、伊勢うどんって、これで良いの

酒のあおきで三重の限定酒 あさつ天慶初光 朝搾り 純米吟醸無濾過生原酒

せっかくなら伊勢の酒屋で地酒を買おう! 三重には美味しい酒蔵がたくさんあるから楽しみ。 選んだお店は、お伊勢参りにヒトが集まるこの地で、100年続く酒屋 酒のあおき。 奥さんおススメの、 朝 あさつ 天慶初光 朝搾り 純

ミシュラン掲載の ぎょうざの美鈴で注文を受けてから皮を練る出来立て餃子

伊勢神宮外宮から徒歩10分少々 お目当ての 手作り餃子の店 ぎょうざの美鈴に到着。 2019年ミシュランに掲載された実力店でもある。 暖簾をくぐり、おでん前のカウンター席をゲット。 間髪入れずに生ビール! つまみはもちろ