曳馬本郷納涼祭で復活!本物の竹で楽しむ流しそうめん

2006から続けた本物の竹で楽しむ流しそうめんも、ここ最近はやっていない。 納涼祭の規模がどんどん大きくなり、あっちこっちの意見を取りまとめきれなくなったからだ。 理由や言い分はいろいろあるが、過去の経緯なんて無視しよう