原点に戻る・・正確な時計

お気に入りのセイコーダイバーが潰れて随分と経つ。
以前のブログにも書いたけど、結局まだ買っていない(爆)

その間も、自分の欲しい時計を考えていた。
自分の欲しい時計・・・時計に求める機能や希望を整理してみる。

●正確である
●視認性が良い
●100m以上の防水機能がある
●パーペチュルカレンダー
●メンテナンスが簡単
●傷が付きにくい
●MINIに似合う
●ブラウニーの散歩にも惜しげなく付けられる

沢山の希望があるが、時計の原点は、正確さだと思う。

その昔、時計は正確さだけを競い合っていた。
18世紀の大航海時代には正確な時間と星座の位置を計算し、
船舶の位置(緯度・経度)を把握していた。

高精度の時計が少なかった当時、
高精度の時計とそれを認定する天文台検定があり、
その権威を得るために時計技術を競ったのだ。


なぁ?んていろいろと調べるうちに頭がこんがらがって来た。
正確な時計なら、年差5秒のザ・シチズンが最高だ。
そして、セイコーのスプリングドライブも自動巻では精度が高い。
ん?????。
各メーカーの時計、それもムーブメントの違いを機能の観点から評価してみた。
そして、浮かび上がったのは電波時計。
今までの選択肢に無かったジャンル。
何となくは知っていたが、光発電と言う技術が良い。
それに、このジャンルは国産が秀でていた。
調べれば調べるほど魅力を感じる商品があった。
それは、シチズンのプロマスター。
Promaster1
陸・海・空、あらゆるフィールドで最大のパフォーマンスを発揮するスポーツウォッチ。

それぞれに高い堅牢性、耐久性、機能性、操作性をもち、
優れたスペックを有すしている。

プロフェッショナルの使用に耐える機能の安全性と信頼性が、
世界50カ国以上で高く評価されている。

シチズンの開発した表面硬化技術「デュラテクト」により、
時計本体を小傷からプロテクトする。

そして、チタンではその仕上げが難しいといわれる
美しい輝きのミラー(鏡面)とヘアラインのコンビネーションを実現した。

PROMASTER PMD56-2773

主な特徴
■ダイヤルカラー 「ウイスキートーン」
2局受信電波時計(自動選局機能)
■エコドライブ フル充電時約2年駆動
■パーペチュアルカレンダー (日付調整不要)
■回転航空計算尺つき
■チタン+デュラテクト+MRK
■ガラス :球面サファイアガラス(無反射コーティング)
■ナチュライト(夜光)
■防水 :20気圧防水
■ねじ込み式リューズ
■耐ニッケルアレルギー仕様
■バンド :コードバン  ストラップの裏素材には、レザノヴァを採用。
■ケース径:約43mm
■厚み 12.3mm
■重量 約58g
操作ガイド(シチズンWEBサイト)
Promaster2.jpg
夜間はこんな風に見えるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です