もう一つの時計・・・プロマスター

プロマスターPMD56-2773があまりにも格好いいので、もう一つ買うことにした。
pmd56-2773.jpg
と言うのは嘘(爆)
実は、嫁も欲しいと言い出したので、同種類を買うことになった。
今使っている時計は、凧で壊したセイコーダイバーの女性版。
やはり長年使っているので、ブレスのヒンジが緩くなっている。
仕事で使うから視認性が高く、時間が狂わない電波時計が欲しいとの希望で、
いろいろと見たらしいが、やはりプロマスターが一番格好いいという結論になった。
好みは黒と言うことで、PMD56-2774 をチョイスした。
仕事するのにCOACHの時計じゃぁねぇ・・・・って、(^_^;)(・_・) オイオイ
ロレックスを買ったときに、目くらましでプレゼントした時計じゃん。
COACH.jpg
そして、到着ぅ???!


オールブラックも格好いいぞ。
pmd56-2774.jpg
なぜか文字盤がキラキラ光って見える。
嫁さんのプロマスターをメタルブレスに変更する作業に掛かる。
仕事の激務から、やっと解放された私の事なんてお構いなしだ。
まぁ、何も話していないけどさ(爆)
bless1.jpg
一番手元の駒も外さなければならないので、
簡易な駒外ししか持っていない私は非常に苦労した。
何度も何度も試行錯誤を繰り返し、やっと完成(^^)v
細い手首に合わせ、駒を取り外すのだが、最大コマ数を外してもまだ太い。
もう、このブレスでの調整は不可能だ。
私のなら、もう少し駒が外せるので良いかもしれない。
でも、ドイツ製ステンレス無垢ブレスは、
全面ヘアライン仕上げで重さ約135g厚さも約5mmと迫力満点で重いのだ。
やはり、女性には軽いのが良いと言うことで、
約50g厚さ:約3mmと超軽量タイプをチョイスした(^^)v
bless2.jpg
女の手首に43mmと言うケースサイズは大きすぎると思ったが、
意外にかっこよくフィットする。
少しルーズなブレスレットも良い雰囲気だ。
夜中のうちにしっかりと電波により時刻は修正され、
すぐにでも使える状態となった。
SANY0272.jpg
PMD56-2773と2774を比較すると、外観上の違いに気が付いた。
2773は外周のエッジ部分はチタンでは難しいとされている
鏡面仕上げでキラキラして格好いい。
一方、2774はヘアライン仕上げとなっていて、チタン特有の渋い輝きとなる。
更に比べると、時針・分針の付け根当たりは、2773が光沢のある黒に対し、
2774は、同じ黒でもメタルのように緑色に反射する。
これらの違いは何なんだろう?
どちらにしても我が家には、プロマスターが2台となった。

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です