外人の様な名前[アレックス]の初乗りは「ビワの木」(爆)

スネかじり娘が隣の家のブロック塀に激突して大破させたオヤジの車(;^_^A アセアセ…
おいおい、今日は車検で車を引き取りに来る日だぞ!
その大破ぶりから修理は無理!!!!

(┰_┰)しょぼーん

まぁ、怪我もなかったし、人を傷つける事もなかったから不幸中の幸いとしよう。

仕方ないから、車を探してもらった。
で、見つかった車の初乗りは浜松餃子「ビワの木」(爆)
11-P1060681.jpg
さて・・・・・


11-P1060686.jpg
アルミはプレシャス D-2
2ピースチックな1ピースが良いジャン( ̄ー ̄)ニヤリッ
エアロもばっちりだし、オヤジの足としては申し分ない。

11-P1060683.jpg
ALLEXのエンブレム
やっぱり外人の様な名前だ・・・。

11-P1060685.jpg
もちろん、廃車にした車に付けていた電装系チューンも抜かりなく移動(^^)v

11-P1060684.jpg
アーシングもばっちりだ。

VVT-i(Variable Valve Timing-intelligent system)は、可変バルブタイミング機構・インテリジェントの略
このおかげか、とっても静かな車に仕上がっている。
と、言うか、付ける前がわからない
_(_△_)ノ彡☆ギャハハハ!バンバン!!

11-P1060696_20110724095159.jpg
ちょっと見切りが悪く感じるけど、慣れてしまえば運転しやすい。

走り出すと、足回りにストロークの余裕を感じる。
少し柔らかめな足だが、しっかりと踏ん張っているところが良い。

11-P1060691.jpg
後部座席もトランクルームもかなり広い!
MINIとは比較にならない程に広さが確保されている。

11-P1060682.jpg
顔もなかなか良いジャンねぇ
新世紀のクルマの価値のあり方を訴求すると言う目的で開発されたのがこのアレックス。

カローラベースのコンパクト5ドアだ。

「洗練されたデザインと爽快でしなやかな走り」がテーマで、豪華さよりもシンプルさを求める一方、センスの良さ、機能性、品質の高さにこだわった、ヨーロピアンスタイルが泣けるぜ。

搭載されるエンジンは可変バルブタイミング機構(VVT-i)付きの1.5L 直4DOHC。
110(FF)/6000rpm、14.6(FF)/4200rpmのネット値をたたき出す。

馬110頭分なら、馬力は十分だね。

サスペンションはフロント/ストラット、リヤ/トーションビーム。

トランスミッションはSuper ECT(4AT)。
そして、この車は、エアロパーツでドレスアップされたSエディションだ。

しばらくはこいつで愉しんでみようっと( ̄ー ̄)ニヤリッ

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です