L型テールで直列6気筒SOHCサターン6!昔乗っていた そうデボネ~ヤ!

そうデボネ~ヤ!
桂川大将ひそちゃと歌って踊れるスーパーメカニックの口癖(爆)
あれは、20歳代前半だったな(-。-) ボソッ

三角窓、ベンチコラム、横バーメーター などなど魅力がいっぱいのデボネア
大学3年のときに15万円で解体寸前の黒を購入した。
サターン6でL型テールのお気に入りモデル。

冷蔵庫がトランクにあり、そこで冷やされた冷気が冷房だった。
旅行先で買った干物の臭いが、車内に充満したのはご愛嬌。

コラムシフトのベンチシート。
前席に悪ガキ3人で乗り込み、繁華街を流すのが好きだった。


さて・・・・



大きなフロントグリルやエッジの立ったフェンダーなどが特徴で、1964年7月から22年間もの間、基本設計・デザインは変わらず、走るシーラカンスと呼ばれていた。

デボネアのデザインは、元ゼネラル・モーターズのデザイナー ハンス・ブレッツナー氏、60年代のアメ車然とした角貼ったボディを特徴としている。

 

 


そして、自分のデボネアは、直列6気筒 1994㏄ SOHC サターン6エンジン 6G34型で 130馬力を絞り出していた。すごくレアな一台だったのだ。

そうそう、無鉛でなくて有鉛ガソリン・・・!
1リッター 180円は、学生には酷だったな。

でも、とっても楽しいクルマだった( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です