御亭と書いて「おちん」と読む恥ずかしい名前の食堂

兼六園で自然に触れた後は
「兼見御亭」(けんけんおちん)で昼食を取る。
御亭と書いて「おちん」と読む。
これは中国唐の時代の読み方だそうだ。
そして、これが治部煮
治部煮とは鴨または鶏肉を、すだれ麩や野菜と煮た金沢を代表する郷土料理。
わさびを溶いて食べるんだ。
10-P1040938.jpg
さて、お味は・・・・・


10-P1040936.jpg
地下二階に降りると、沢山の宴会場があった。
ここ、500人を同時に捌けるらしい。
10-P1040937.jpg
甘エビプリプリで美味しかったぁ??
10-P1040940.jpg
岩のりのサービス
わさび入りが美味しい。
お土産買わなきゃな( ̄ー ̄)ニヤリッ
10-P1040935.jpg
セットはこんな感じ。
10-P1040933.jpg
商魂たくましいおばさま達が売り場を固めていた。
これナンバーワン
これオンリーワン
これここに来たときしか買えない・・・あたりまえじゃん(爆)

旅行に関連する記事

長浜は「茂美志゛や」の赤こんにゃくとのっぺいうどん
「日本の夕陽百選」にも数えられる東尋坊の夕日を愉しむ
旅行2食目 お待ちかねの宴会は蟹づくし!飲んで食べる雄山閣
旅行3食目は雄山閣の豪華朝ご飯イカ尽くし?
金紋酒造でリンゴ酸を使ったワインの様な日本酒
紅葉の美しい兼六園で自然の美しさに気づく
御亭と書いて「おちん」と読む恥ずかしい名前の食堂
飛騨牛串焼きと飛騨牛コロッケにカレーパンは白川郷展望台
■兼見御亭
石川県金沢市東兼六町2-37
TEL 076-222-1600

兼見御亭 懐石・会席料理 / 野町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です