昭和の町で童心に戻る・・・USA

Born in the U.S.A.・・・
ブルース・スプリングスティーンの1984年ヒット曲!
アメリカ人の心に影を落としたベトナム戦争の影響を扱ったものだったが、
ロナルド・レーガン大統領によって、純粋な愛国主義の内容として誤解された(爆)
そんなUSAに鉄人28号がいた!
SANY22501.jpg
さて、・・・・


CA390020.jpg
それはUSA駅からタクシーで10分程度。
SANY22441.jpg
黄金バットだぁ???!
SANY22431.jpg
ゴジラ持ってた!
口から煙を出す奴だよ( ̄ー ̄)ニヤリッ
SANY22511.jpg
おぉ???ライダースナック 20円!
SANY22471.jpg
キャンディーズとピンクレディ
ρ(*^_^*)ρシャカシャカ ρ(^o^)ρツクチャカ
SANY22531.jpg
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」にもアイテムを貸し出したらしい。
SANY22361.jpg
SANY22701.jpg
SANY22611.jpg
何故かヘラクレスオオカブト
体長が最大170mmを超える世界最大のカブト虫がいた(爆)
SANY22751.jpg
usa.gif
昭和30年代の雰囲気が再現されている昭和の町だった。
江戸時代から明治、大正、昭和の30年代にかけて、豊後高田の中心商店街は国東半島一の賑やかな”お町”として栄えていました。
豊後高田「昭和の町」は、この商店街が最後に元気だった時代、昭和30年代の賑わいをもう一度よみがえらせようという願いをこめて、平成13年に着手した町づくりです。
ところで、昭和30年代とは、どんな時代だったのでしょうか?
貧しく不便だったけれど、明るい未来を信じて、隣近所が肩を寄せあい、助けあいながら生きていました。
豊かで便利になったとはいえ、平成の今に比べて、幸せが実感できた時代、生きる手ごたえがあった時代といってもいいでしょう。
時は物の形も人の心もすっかり変えてしまいましたが、豊後高田「昭和の町」には変わらなくてよかった形や心が今なお残されています。
平成の今、懐かしさにしてしまった物も人も、ここではまだ大切に守り伝えられているのです。
お帰りなさい。思い出の町へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です