美しい日本庭園を眺めながら宿坊 行学院 覚林坊自慢のゆば料理&精進料理

宿坊覚林坊は今から550年前、日朝上人によって立てられた塔頭寺院
久遠寺の寺域内に在って本寺を補佐する役目を担う。

そんな宿坊覚林房に宿泊できることになった。
修行体験ができたり、精進料理を食べられたり、日常を離れた体験ができるのも楽しみ。

夕食は、覚林房自慢のゆば料理&精進料理( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~
さて、お味は・・・・


宿坊は、お寺や神社の宿泊施設
もともと僧侶や遠くから参拝に訪れる人々のためのもの

館内はもちろん和の造りで、隣室と区切るものは襖のみ。

 


歴史ある建築を楽しめるのも良い。

 


用意された2階の窓から、見えるのは桜寺栖(サクラテラス)
桜を愛でながら食事やワイン、お酒を楽しめる。

女将さんが頑張ったって。

 


食事する部屋の入り口に飾られている打掛の柄で、自分の席がわかる。
楽しい仕掛け。

 


夜だから美しい日本庭園は見えない。

 


精進料理

 

湯葉を使った各料理が自慢
これは、身延山の生湯葉のお刺身

 


サツマイモ
甘くておいしい。

 


覚林坊自家製の納豆
大粒で甘みが強い、地元身延町産のあけぼの大豆って言うのだと。

これが美味し。そして腹にたまる。

 


もずく

 


せっかくなので、寺ビール TempleBeer
これで、ジビールと読ませるんだって。

 


クラフト感があって美味しい。

 


湯葉と豆乳のトマト鍋が出来上がった。

美味しいじゃん。
これ作ってみようかな。

 


お酢和え
好みの味付け。

 


揚げ物は、ししとう、マイタケ、納豆

 


そして、山芋の磯部巻き

特に納豆の天ぷらがずっしりとくる。

 


湯葉の桜蒸し

 


お吸い物は素麺

 


お漬物に仁多米ごはん

 


山梨県廃棄フルーツの再活用に協力して、廃棄フルーツを使ったコンフィチュール

丹精込めて作ったのに、見た目の問題だけで廃棄されしまうゴールデンキウイ、キウイ、スモモ、モモが生き返る。

 


季節のコンフィチュールを楽しむ豆乳ソフトクリームの完成(^^)v

 


日朝さんの目薬って覚林坊だったんだ。

温かいおもてなしありがとう。
雑踏を離れ、しっかりリフレッシュできた。

機会を作って、また来よう。

 
■宿坊 行学院 覚林坊
南巨摩郡身延町身延3510
0556-62-0014

覚林坊 精進料理 / 塩之沢駅身延駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です