伊勢神宮と豊漁の島で海の幸を存分に楽しみに 篠島!

師崎から高速艇であっと言う間に到着(^^)v

三河湾に浮かぶ大小10数ヶ所の島々からなる篠島
外周約6キロ、600世帯、人口約1800人の小さな島なのだ。

昔より「東海の松島」と呼ばれ渥美半島、 志摩半島を望む景観はまさに絶景!
風光明媚な篠島で海の幸をたっぷりと( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~


さて・・・・・


船に乗るのを楽しみにしていたのに爆睡(爆)

 


到着しても目を覚まさなかった。

 

 


漁船に興味津々!

あの船にどうやって乗るの?って。
そうそう、好奇心は大切だ(^^)v

好奇心を持つと人生(経済的にも精神的にも)が豊かになる。
だから、みんな好奇心を持とうぜ!( ̄ー ̄)ニヤリ


このロープを伝っていくんだと教えてやった。
落ちたら泳げ!って。

 

 

なんで鯛かと言うと、伊勢神宮に奉納されるほど美味しい篠島の真鯛。
これを御弊鯛(おんべだい)と言う。

そして、この鯛、釣れるらしい!

 


おぉ~~大量だ!

 


吊り上げろぉ~~(^^)v

 


お宿は、漁師の宿 おかだ さん。
島の中腹

 


港と反対側には、すぐに海岸

 


弓形に広がった白い砂浜は、遠浅だから小さい子どもでも安心だね。

 


島を離れる前にパチリ!

 


帰りはフェリーで船旅を楽しもう。

 


って、圭くん、またまた熟睡してしまったのだ。

 


たくさん遊んだから、疲れちゃったね。


篠島には、あまりお土産がなかったので、知多半島定番 えびせんの里


たっぷりお土産買って帰りました(^^)v

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です