アタミステリー紀行

今週の土日、父の喜寿を祝って家族旅行をする。
やっぱり海の幸をたっぷり食べたいねと言うことで、目的地は熱海となった。
宿泊先を吟味し、谷崎潤一郎ゆかりの連月荘を予約した。
良心的な宿泊料金と旨い食事が評判だ。
renngetusou.jpg
熱海温泉 連月荘
喜寿のお祝いと言うことで、宿泊代金より高い舟盛りを注文した(爆)
これなら刺身好きなオヤジも大満足だろう。
舟盛りを注文する際に、
「うちの食事は量が多いですよ。この間、泊まりに来た学生さんは、次々と運ばれる料理にびっくりして『僕たちそんなにお金持っていません!』ですって。」と宿のおかみは笑って言った。
まぁ、大人7人の胃袋なら大丈夫だろう。
この宿は、谷崎の作品にたびたび登場する。
それもそのはず、谷崎氏の住んでいた自宅の隣なのだ。
ところで、表題のアタミステリー紀行・・・
なんともまぁ、ベタなネーミングだ。
atamisuteri1.jpg
アタミステリー紀行
新生の館
〔しんせいのやかた〕
森村誠一
内容を見れば、あの森村誠一氏の短編推理小説である。
森村氏が、こんなベタなネーミングを付けるはずもなく、
主催する熱海の誰かが考えたのだろう。
ネーミングは別として、とっても面白そうなので、
早速、アタミステリーをDLしてみた。
さすがに難解な推理小説だ。
TVだったら、ギャラの高そうな登場人物が犯人なのだが、
行間からそれを読みとることが出来ない(爆)
父母と子供に宿題として渡して来たが、ちゃんと読むかなぁ?
誰か、この謎を27日までに解いてくれぇ????!


atamisuteri2.jpg
アタミステリー紀行
新生の館
〔しんせいのやかた〕
森村誠一

家康来熱400年を迎えた熱海で繰り広げられる謎。
推理力を働かせて、謎を解明しよう!!
【内  容】 森村誠一氏による熱海を舞台とした短編推理ストーリーを、
上記期間中熱海市内にご宿泊のお客様に提供し、謎解きを
お楽しみいただきます。謎が解けた方から抽選により宿泊
券、特産品等をプレゼントいたします。
【参加方法】 、ストーリーを、入手してSTART!
                     ↓
ストーリーを読みながら、ミステリーを解明してください。

解答ページに解答の記入と、チェックポイントにある
スタンプ及び、宿泊を証明する宿泊施設のスタンプを
押して、平成18年12月10日(日)までに下記へ
郵送してください。(当日消印有効)
〒413-8550 静岡県熱海市中央町1?1熱海市観光商工課
「アタミステリー紀行」係
※宿泊施設のスタンプ押印が無い場合、無効とさせていただきます。

厳選な抽選のもと、正解者の中から当選者を選び、豪華
賞品をプレゼント!
【賞  品】
森村誠一賞(  1名)
「純和風高級旅館ペア宿泊旅行券」と「初島に受賞記念樹(熱海桜)を植樹」
熱海市長賞(  5名)
「熱海の海であがった豪華海の幸3点お届け」
名探偵賞 ( 20名)
「森村誠一新刊本」と「華の舞オリジナル扇子」
秋の熱海賞(100名)
「熱海梅園のもみじ」期間限定温泉まんじゅう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です