津ぅのうなぎはソウルフード うなぎ隠れ激戦区で愛される はし家

昭和28年創業の老舗 はし家(はしや)に行ってきた。 津のソウルフードとして、うなぎ隠れ激戦区と言われている。 伊勢湾台風までは浜松・三河と並ぶほど養鰻も盛んで、うなぎの消費量日本一だったこともある。今でも、津ぅのうなぎ

トリユウで味わう松阪のソウルフードは 鶏焼き肉

お伊勢参りが決まってから、味わってみたかったのが松阪の鶏焼き肉 地元では、高級な松阪牛じゃなく、かしわ(鶏肉)がソウルフードとして愛されている。 もちろんアルコールも欲しいから、 電車で移動できるお店を探し、徳和駅から徒

キッチンクックで伊勢のソウルフードB級グルメの カツドライカレー

伊勢のB級三大名物なるものがあるようだ。 まんぷく食堂のからあげ丼 、喫茶モリのモリスパ、そして、キッチンクックのドライカレー! この中で、めっちゃ気になったドライカレーを食べにキッチンクックに行ってきた。 初めてなので

四日市のソウルフード まつもとの来来憲 で念願の 大とんてき

伊勢詣でが決まった時から、行ってみたいお店があった。 その一つが、四日市のソウルフードまつもとの来来憲の大とんてき! ポークソテーじゃなくて、とんてきだよ。グローブとんてき。 ナビを頼りに到着すると、平日昼前だというのに

久しぶりの浜松ご当地グルメは さわやか篠ケ瀬店でげんこつハンバーグ!

お昼は さわやか だって! 中田店がイオンに移ってからの混雑さから、足が遠のいてしまった。 そういえば、篠ケ瀬ならさほど距離は違わないはず。 と、言うわけで、初めての篠ケ瀬店。 圭くんは、いつものお子さまカレープレート

熱海呑み鉄 第2弾 富士のソウルフード かつ皿が絶品の老舗そば処 金時

どうしても寄りたいお店があったので、富士駅で下車。 富士山を大きく見ながら向かった先に、老舗そば処 金時 活気あふれる人気店で、富士市民が絶賛するかつ皿を食べてみたい。 入店すると1テーブル空いていたので、無理やり5名着

あんかけカタ焼きそばで昼呑み 〆にやっぱり食べちゃう たきふく のなすソバ

なすソバが恋しくて、久しぶりに静岡の らぁめん たきふく! 開店時間を2分すぎただけなのに、第一陣には入れず、待ち行列に並ぶ。 日陰の椅子に座りながら作戦を考えた。 喉が渇いたから、ビールを飲みたい。 そうだ、あんかけカ

世代を越えて愛され続ける横須賀名物ソース後がけ焼きそば は小石屋

今も城下町の面影が残る横須賀、ここに食べたいご当地グルメがある。 何度かチャレンジしたが、なかなか焼きそばにありつけなかった。 早起きして当日の予約を入れてやっと実現(^^)v ソースを自分でかけて食べるという世代を越え

あみ焼き弁当とわさび漬けで静岡を味わいながら ふなぐち一番搾り

発売から45年、変わらぬ味が嬉しい静岡市民のソウルフード 深夜3時まで営業しているから、静岡の飲べぇ御用達なんだって。 これかぁ~~! やっぱり、あみ焼き弁当は豚だよねぇ~って。 秘伝のタレを浸みこませ、炭火で丁寧に焼き

鯉の旨煮を買に行ったら松茸ごはんが炊けましたよって!山のお店 住岡屋商店

南信州名物 鯉の旨煮が食べたいなぁ~なんて話したら、 置いてあるお店 知ってるよって! 山のお店 住岡屋商店 ひまわりの湯で並んで打たせ湯をした おじいちゃん に教えてもらったお店(^^)v 信州ではハレの日、お祝い事が

宮崎は隠れたうどんの聖地!1967年に創業した釜揚げうどん戸隠本店

宮崎名物オンパレードで、満腹中枢が刺激されたかのように錯覚した。 しかし、一気に胃の中に摂り込んだからか、少し歩くと再び摂食中枢が刺激される。 飲んだあとのしめは、もちろん釜揚げうどん! そう言われるほど、宮崎ではうどん