2020の手ぬぐいデザインを今年も曳馬染工場さんに依頼してきた

新旧の郷友会長と事務局長、そして組長とで、2020年の手ぬぐいを相談してきた。

今年はどんな柄がいいかなぁ~
オリジナリティあふれるのを希望(^^)v

お願いしたのは、もちろん曳馬染工場さん(‾ー‾)ニヤリッ
 
さて・・・・

 

注染は中形(40×95㎝)と呼ばれる形を使う型染の一種で、柄の部分に染料を注ぐことから、注ぎ染などとも呼ばれている。

浜松注染染めの特徴

  1. 通気性がよい。
  2. 裏表同一模様で表裏どちらでも使える。
  3. やわらかく肌に優しい。
  4. 優しい風合いを表現する事ができる。
  5. 型紙1枚で何色も染めることができる。

ほら、手ぬぐいにぴったりじゃんね(^^)v

また、近年使えなくなった色や割高な色などを教えてもらった。
そして、藍染の手ぬぐいも作っているとのことなので、是非にとお願いして見せてもらった。

 

 


この柄、凄すぎる!

有意義な時間だったのに、帰りにお土産までいただきました(^^)v

それでは、今年もかっこいいデザインよろしくぅ~~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です