究極のビジネス ウルトラポータブルThinkPadを卒業してLenovo V330

究極のビジネス ウルトラポータブルと呼ばれた ThinkPad X40:2004年
IBM最後のThinkPadだった。

その後継機種としてチョイスしたのはThinkPad X201:2010年

Windows 7 Proから Windows 10 に乗せ換えると、さすがにメモリ不足~
デザインしていると、ストレスたまっちゃうんだよねぇ。

やはり、機械の故障というより、OS変更による環境変化に対応できないって言うのが多いのだと思う。
ネットワークに繋がっているっていうことは、様々な脅威にさらられているって事。

なので、意を決して、Lenovo V330 シンプルで使いやすいベーシックノートPC

第8世代のCore i5とSSDを搭載した頼もしいヤツ( ̄ー ̄)ニヤリ

さて・・・・


ずっとB5モバイルだった。
pcを選ぶとき、キータッチを最大のポイントにしていたので、
展示品を何度も何度もタイプしたものだ。

2010年に手に入れたお気に入りのThinkPad X201も、
立ち上げに時間がかかり、使用し続けると温度が上がるようになってきた。

そろそろ後継機種を考えようかなってね。

 

 


こっちは家族用の ThinkPad SL510
大きい画面で、とっても見やすいノートpcだ。

重いソフトは排除して、実用的に使っている。

 

   


デザインしたり画像や動画を編集するにはストレスがたまるので、自分にプレゼント(^^)v

 


Lenovo V330

256GB SSD でメモリは8M
さすがにwin10がサクサク動く。

でもキーボードは伝統のThinkPad の足元にも及ばない。
まぁ、そのうち慣れるよね

 

 

 


画面も大きくなって嬉しいかも(^^)v

 

 


と、言うわけで、2台のThinkPadとLenovoが並んだのであった。

 

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です