花庄屋の別名を持つ牧之原の庄屋 大鐘家であじさい見物

江戸時代の庄屋 大鐘家で、あじさいが見頃だとの情報を得て、初訪問してみた。

大鐘家は、母屋と長屋門が国の重要文化財で、花庄屋の別名を持ち、1万坪にあじさいが咲き誇りっているのだと。

わりかし良い値段の入園料は大人700円
入園料を支払う価値があるか、しっかり吟味してみよう( ̄ー ̄)ニヤリ


さて・・・・


ここで入場料を支払う。

 


長屋門
国の重要文化財

 


しっかりと説明内容も確認しよう。

 

 


これが母屋

 


この地域にもつるし雛があるんだ。

 


裏山に出て、待望のあじさい鑑賞

 


遠く駿河湾を眺める

 


一週間遅かったかな?
あじさいに瑞々しさが足りない。

 


入場料を支払うのだから、もう少し展示物にもあじさいの管理にも力を入れてほしい。
と、心の声が漏れてしまう(爆)

 

●大鐘家
牧之原市片浜1032

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です