紅白梅より早く咲く蝋梅(ろうばい)の香りを楽しみに おとうけんさんの梅林

静岡市羽鳥にある曹洞宗寺院 洞慶院は、
三方を山に囲まれ地元では「おとうけんさん」と呼ばれる梅の名所

歴史と風情を感じる様々なほこらや石碑の数々
境内を散策すれば、寒梅と大杉の清々しさが押し寄せてくる。

そんな、おとうけんさんで、
厳寒期にひっそり咲く蠟梅(ろうばい)の香り(‾ー‾)ニヤリッ

さて・・・・


紅梅(こうばい・あかうめ)

 

 


白梅(はくばい・しろうめ)

 


見ごろはもう少し先かも

 


住職が植えた400本の梅林

 

 

梅園を抜けると、400年の樹齢を有す 四本杉 と呼ばれる杉の大木(‾ー‾)ニヤリッ
 

 


この苔感がたまらない。

 


お線香をたいてお祈り

 


左手にはトイレの神様もあった。

 


ご本尊「千手千眼観世音菩薩」
ごりやくいただきました。

 

●洞慶院
静岡県静岡市葵区羽鳥7丁目21−9
054-278-9724
創建年: 1452年(享徳元年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。