しあわせな香りが家に充満!ストーブ焼いも( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

最近、特に凝っているのはストーブでの焼いも作り
遠赤外線たっぷりの輻射熱が、ゆっくりじっくりと美味しさを増して行く。
作り方は至って簡単。
ストーブに火を入れ、芋を乗せて蒸し蓋をかぶせるだけ。
1時間ほど焼くと、蜜がたっぷりで、それはそれは甘い香りを漂わせる。
1502-P1210745.jpg
さて、お味は・・・・・


1502-P1210741.jpg
蒸し蓋に収まるよう、小さな芋を選んで買っていたが、
大きい芋をザク切りにしたほうが美味しい事に気が付いた。
スジも少ないしね。
西友で買った一本物!
先ずは、4つに切断し、断面を下に向ける。
1502-P1210742.jpg
しばらく焼いたら、裏返す。
トングの跡がつくほど柔らかくなったらできあがり!
1502-P1210743.jpg
圭ちゃんも、あぁ~~あぁ~~叫びながら美味しそうに食べ尽くす。
1502-P1210768.jpg
このストーブは、ガラスが煤けるって意見が多いらしいが、
こういう物は、燃料と酸素の割合が大切だ。
しっかり調整すれば、そんなに気にならないけどなぁ~~。
ちなみに3時間炊いて、この程度なら許容範囲でしょ。
1502-P1210764.jpg
おうちCOOPで買った不揃い芋は100円でこんなに入っていた。
しっかりと蓋に収まるよう並べるのが好き(爆)
1502-P1210765.jpg
ある程度焼いたらローテーション
ここで一番頭を使う。
1502-P1210770.jpg
お芋が自らの水蒸気でプゥーっと膨らむと、とっても甘い焼き芋の完成だ。
焼き芋を焼くなんて、ストーブを設置しなければ発想すら無かっただろう。
家の隅々まで、甘い香りが行き渡ると、これが「しあわせ」の香りなんだなぁ~と!
身も心も温まるよぉ~~(^^)v

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です