遠州地方独特の風習「三ヵ日目」は御佛に導いてもらう供養

親戚の叔父さんが他界した。
やっぱり涙が止まらない。
子供の頃、優しくしてくれた笑顔や笑い声を思い出して・・・
遠州地方(静岡県西部)の葬儀に独特の風習がある。
それは、葬儀の当日に行う三日目法要というもの。
調べてみると、開蓮忌と言う立派な名前が付いていた。
佛になって蓮の上に生まれる事を願う。御佛に導いてもらう供養と記されている。
中国から伝来したもので、亡くなったことを確認する儀式(法要)
そして、三日目法要が終了したら、精進落し
12-P1110307.jpg
さて、お味は・・・・・


12-P1110308.jpg
持ち帰りも出来るようにと、用意してくれたお重は紙で出来ている。
それも二段重。
12-IMG_2087.jpg
会場では、故人を偲び、思い出話を愉しもう。
12-IMG_2088.jpg
揚げたて天ぷらをツマミに酒を酌み交わす。
こんな時にしか逢わない親類って多いものだ。

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です