大切な人との会話を思い出す浜松地方独特の盆義理

またまた迎え火を焚く季節になった。

今年は地元でお世話になった方々が、次々と他界された。

「おさみしゅうございます。」
お焼香をしながら写真をまじまじ見て、在りし日の会話を思い出す。

熱い物がこみ上げて来る。

1607-P1270843
わが家でも迎え火を焚いた。

亡き家族が迷わぬように。

 

1607-P1270846
馬に乗って来て、牛で帰る精霊馬(しょうりょううま)

 

1607-P1270842
実家から送ってくれた塩大福と百年そば、馬刺しチップスもお供え(爆)

 

1607-P1270844今日は、いろいろと思い出しながらゆっくり飲むかな。

 

 

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です