アイスコーヒー専用の豆で伝説のコーヒー焼酎ゲンゴロウを作ってみた

土曜日の一品持ち寄り飲み会用に、コーヒー焼酎(^^)v

この前仕入れたクラシカルコーヒーロースターのアイスコーヒー専用豆を使ってみる。
冷やして飲んでも旨いコーヒー豆なら、ゲンゴロウにもぴったりだろうなって。

酸味が少なく、ビターで香ばしく力強いコーヒー豆で、生きの良いゲンゴロウを育てよう!

おぉ~~情熱のアロマ!甘く切ない官能的な香り
と、言うことで、伝説のコーヒー焼酎 通称:ゲンゴロウ( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

さて、お味は・・・・

じょーごを使ったけど、口が狭くて入っていかない(;^_^A アセアセ…

 

 

 

なんとかするさ(^^)v

それにしても、間口が大きいから豆もたくさん入る。

 

 


こっちも準備完了。

 

 

 

さぁ、しっかりと焼酎を吸って、美味しい香りをだしてくれよ(^^)v

 

 

翌朝、少しずつ色が付き始める。
まだゲンゴロウは上であそんでらぁ~~。

 

 


3日目
良いじゃん。良いじゃん。

もう少しだね。

 

 

良い香り
ρ(*^_^*)ρシャカシャカ ρ(^o^)ρツクチャカ

 

 

これだけの量だから、たっぷり楽しめる( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

ちょっと味見したら、甘みが弱いような・・・スタバの豆も追加しておこう。

 

 

 

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓
One comment to “アイスコーヒー専用の豆で伝説のコーヒー焼酎ゲンゴロウを作ってみた”
  1. 先日、先輩から戴いたコーヒー焼酎。
    もちろん初体験(^^)
    豆が沈んだら飲み頃なんだって。
    無事に全部沈んだので開封!
    最初の一口、コーヒーの苦味が強い(゚o゚;;
    でも氷が溶けて薄まるにつれてまろやかに。
    チビチビ味わって消費中(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です