ふるさと納税でオホーツク産お刺身用ホタテと天然びんちょうまぐろ

ふるさと納税の海鮮は何にしようかと悩んだ結果、 オホーツク産お刺身用ホタテと、天然びんちょう まぐろお刺身パックにしてみた。 どちらも量の多いものを選んだので、何度でも楽しめる。 流水解凍すればすぐ食べられるもんね。 先

鮪屋みやぎのマグロ刺身と花の舞 辛口 純米 にごり原酒

今日の酒は、初めての 花の舞 辛口純米 にごり原酒。 にごり酒に合う魚が欲しくて、ランチの評判がいい鮪屋みやぎを訪問 夕方なので店内は終了、魚屋さんスペースで鮪を切ってもらった。店主は、すし屋での経験を活かし、魚屋が食べ

美味しいお刺身が欲しかったら焼津で老舗の魚屋 サスエ前田 西小川店

焼津の魚屋さんと言ったら、やっぱり選んでしまうサスエ前田 西小川店 きめ細やかなマグロをどうしても食べたい。 今日ならんでいたのは、バチマグロとトンボマグロ どっちにしようか悩んだ挙句 大西洋のバチまぐろ( ̄¬ ̄*)じゅ

東海道線呑み鉄 大間と同じ津軽海峡の本マグロを味わう焼津のハゲ天

開店より少し早くに入れてもらい、初ハゲ天 でも、ハゲてないぃ~~ どうやってお店を知ったよって聞かれたので、 名前にインパクトがあったし、レビューを見ると美味しそうだったからと伝えた。 そして、入りにくいお店と聞いちゃぁ

南まぐろは焼津の看板まぐろ 6回目は日本屈指の港町焼津の老舗サスエ前田魚店

焼津ミナミマグロ1年分の6回目は、日本屈指の港町焼津の老舗魚屋サスエ前田魚店 専門店ならではの目利き、技術は他に類がなく、国内外の一流シェフからの信頼も厚い。 世界の料理人たちがこぞって欲しがるサスエの魚 それが今、目の

南まぐろは焼津の看板まぐろ 3回目は 焼津漁協の直販店ヤイヅツナコープ

焼津ミナミマグロ1年分の3回目は、ヤイヅツナコープ 全国有数の漁港・焼津港に隣接する焼津漁協の直販店には、新鮮な海の幸がズラリと並ぶ。 焼津ミナミマグロスキンレス刺身用冷凍ブロック 大トロ付 と 中トロ付 スキンレスだか

南まぐろは焼津の看板まぐろ 2回目は カネトモの大ぶりな皮付き大トロ中トロ

焼津ミナミマグロ1年分の2回目は、創業明治23年 マグロ専門商社カネトモ マグロはカネトモ!って宣伝が耳に残る~。 カネトモさんから送られてきたミナミマグロは、なんと皮付き 刺身にする際は、皮を引かなければならない。 オ

南まぐろは焼津の看板まぐろ 1回目はマルイリの焼津吟選天然ミナミマグロ

インド洋で漁獲されてたから「インドマグロ」と呼ばれていた ミナミマグロ。 いち早く遠洋マグロの拠点となった焼津を象徴するマグロなんだって。 だから、焼津の料亭や鮨屋は、ミナミマグロにこだわるのだと。 なるほど、そういうこ