アプト式鉄道で行く接阻峡温泉は美人が若返る温泉なんだって!

蒸気機関車で千頭駅まで来たら、井川線に乗り換え接阻峡温泉駅を目指す。

井川線は、国内唯一のアプト式を使い、1,000分の90と言う急勾配を登り降りしている。
途中で連結するところが見れるからイベント感満載じゃんね。

これラック鉄道って言うんだって!
近くで見ると迫力あるなぁ~~~~(^^)v

それじゃココでしか乗れないアプト式鉄道で行ってきます( ̄ー ̄)ニヤリッ

さて・・・・


車幅はめちゃめちゃ狭い。
二列席と一列席。

以前と違って、凄くたくさんの乗客が乗っていた。

 


駅員さんも走りっぱなしで大変そうだ。

 


迫力満点の連結作業!

お~らい、おーらい!

 
 


橋を渡るときも気分爽快!
大井川水脈特有のエメラルドグリーンが美しいね。

 


これ長島ダム
さすがアプト式、かなりの勾配をものともせず、あっという間に眼下になる。


程なく接阻峡温泉駅(^^)v
懐かしいなぁ。


井川線では立派な駅の部類。


お目当ての接阻峡温泉は、駅にメッチャ近い。

 


ここは宿泊もできるようだよ。

一生懸命 営業中(^^)v

 


当たり前だけど、混浴ではありません(爆)

 


まさに森林露天風呂
枯れた景色もいいねぇ~~。

とろーりとした温泉で、体中すっごいすべすべになっちゃった(^^)v

美人が若返るって分かる気がする。
しかし、美人じゃなければ若返らないじゃんね(爆)


煙をもくもくとたてながら、ヤマメの塩焼き( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

 

風呂上りは、スパークリング系の軽い酒で喉を潤す。

 


あっ、もう列車が来た!とあせったけど、これは逆方向の。
しかも、ここで一晩お休みらしい。

ほっとしたので、近くを散策してみることにした。

 


趣のあるトンネル
こういう線路に入ると♪♪♪いよはまだ16だから~♪♪♪みたくひんしゅくを買うんだよね。
でも、俺も入っちゃいけないって知らなかったぞ。


カーブミラー越しに踏み切りを撮影!
おぉ~~絵になるじゃん。


ナンテンの実が良い味わい。


接阻峡温泉から千頭駅まで、ひとときの睡眠を楽しむのであった(^^)v

そして、千頭駅で立ち食いうどんでも食べようとおもったら、なんと、辺りの電気が消えていて、すでに閉店していた(´・ω・`)

 

保存

保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です