徳川家康・豊臣秀吉・織田信長 戦国の3英傑を祀る東照宮の元祖は久能山東照宮

徳川家康が祀られている東照宮の元祖、久能山東照宮に初めて行ってきた。

晩年を駿府で過ごした徳川家康。
家康は亡くなる前に、細かく遺言を残していた。

1.遺骸は久能山へ葬ること
2.葬式は江戸の大本山 増上寺で行うこと
3.位牌は三河の大樹寺へ置くこと
4.1周忌経ったら小堂を建てて日光山へ勧請すること

なるほど、ご遺骸はここ「久能山東照宮」に埋葬されている( ̄ー ̄)ニヤリ

さて・・・・・

 

 


最初に通る「楼門」は、俗世界と神域を区切る境界線。

真ん中(上部)の彫刻は、夢を食べる霊獣のバク。
バクは、平和の象徴とされているそうだ。

 


鮮やかな色彩は、江戸時代には20年に一度、明治時代以降では50年に一度、漆塗り替えが行われているからなのだと。

 

 


注目すべきは、400年前に彫られた彫刻がそのまま残っていること。
堀の深さは流石だね。

 

 


真ん中が徳川家康、右手が豊臣秀吉、左手が織田信長
戦国の3英傑をお祀りしているのは「久能山東照宮」だけと言われている。

 

 


おぉ~~花の舞!

 

 


高砂もあるでよぉ~~!

 

 


有名な金の生る木!

 

 


なるほどねぇ~~。

 

 

久能山東照宮

間違いない最強のパワースポットだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です