中央構造線上のパワースポット三河国の一之宮 砥鹿神社

事任八幡宮のご祭神が疎開していたことがあると知り、里宮を訪ねてみた。

砥鹿神社は三河国の一之宮。
本宮山山頂の奥宮(山岳信仰)と、豊川の側に鎮座するこの里宮(川神信仰)によって構成されている。

中央構造線上のパワースポットとして知られ、家運隆昌、交通安全、厄難消除。
特に、縁結びの神様として若い女性に大人気だそうだ。

砥鹿神社の神紋(神社の紋章)は、事任八幡宮と同じ亀甲にト定
出雲の亀甲紋に亀卜(占い)の際に現れる「ヒビ」を示しているのだと( ̄ー ̄)ニヤリ

さて・・・・


砥鹿神社と、神社の名前に「鹿」の文字が入っているだけあり、神様の遣いも鹿。
かわいい鹿の親子も感染対策にマスク。

 

 


三河えびす社
商売繁盛のパワースポットとして大人気。

天井や壁に灯篭がびっしりと敷き詰められている。
えびす様も感染対策のマスク。

 


この小槌で開運!

 

 


総檜造りの堂々たる社殿

 

 


さすが一宮 格式が高い。

 


日本一大きなと書いてある さざれ石
開運石・子産石として、幸福や安産のご利益があるとされる。

 

 


珍しい独立した太鼓楼

 

凛とした空間が心地よいパワースポットだった。

 

●砥鹿神社里宮
0533-93-2001
愛知県豊川市一宮町西垣内2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。