遠州七不思議のひとつ しっぺい太郎伝説と天下の奇祭見付天神裸祭

愛犬のためにお参りした矢奈比売神社
地元では「見付のお天神さま」と親しまれている。

天神さまのあるつつじ公園には、しっぺい太郎を祀った霊犬神社。
怪物を退治して見付の里を救ってくれた、霊験あらたかな犬を神様として祀ったもの。

駒ヶ根で言う早太郎が、遠路はるばる遠州見付まで来てくれ、
ヒヒ退治をしてくれた ご存じ遠州七不思議のしっぺい太郎伝説( ̄ー ̄)ニヤリ


さて・・・・


小さい霊犬神社は、愛犬と参拝できるんだ。

 

 

 


正面の鳥居
さすがに存在感あるぅ~~(^^)v

 

 

 


立派な神社は、矢奈比賣命で安産・子宝・子育て・縁結び等のご利益がある神様
そして、学業向上・合格祈願でお馴染みの菅原道真公と言うツートップ

 

 

御利益ありそうだろ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 


こちらの姿も素晴らしい。

 

 


しっぺい太郎は、キャラクターよりずいぶんとスリムだった。

天下の奇祭と称される見付天神裸祭は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。
疑問に思ったしっぺい太郎と見付天神裸祭の関係、諸説あるがこうなら良いじゃん(^^)v

1.人身御供のならわしを何とかするため、僧侶が駒ケ根から早太郎を連れてくる。
2.早太郎あらためしっぺい太郎が、怪物(ヒヒ)を退治する。
3.村人たちの「歓喜踰躍(かんきゆやく)の舞」が見付天神裸祭の起源

奥が深いねぇ~~見付天神裸祭
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です