そぼろは煎るのではなく炊くもの!目から鱗の鶏そぼろ丼卵黄のしょうゆ漬けのせ

そぼろを作るときは、フライパンで煎っていた。
すると、肉の旨みは消え失せかわりに濃い味付けでごまかしちゃう。
それが普通だった。

そぼろは煎るものではなく、炊くもの!

そんな意見を聞いて、納得し作ってみる。
これがどうして、めっちゃ旨いじゃん。

鶏そぼろ丼卵黄のしょうゆ漬けのせ( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~


さて、お味は・・・・・


小さな容器にしょうゆを入れ、卵黄を約2時間漬け込む。

 

 


こんな鍋があると楽ちん(^^)v

鍋にだしを入れ、調味料で味を調える。

鶏ひき肉、しょうがを入れ、火にかける前に菜箸でよくほぐす。

強火にかけ、5本の菜箸でよく混ぜながら、ふっくらと炊き上げる。

 

 


丼ぶりにごはんとそぼろをよそい、卵黄のしょうゆ漬けをのせる。

鶏自体の旨みがすごい(^^)v
美味しく炊く技術を会得しました( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

↓ ↓ シェアお願いします ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です