余計なものを削ぎ落としたエッセンスを味わえる静岡市のシンプルズ

料理人垂涎の焼津名魚屋 サスエ前田さんの魚に、こだわりの栽培で手塩に掛けた野菜。

秀逸な静岡の食材を使い、ベルギー・フランス・イタリアなど色々な国で修行されたシェフが腕を振るう。

simpleとは、余計なものを削ぎ落としたエッセンスのこと。
食材の力強さを味わって、その声を生産者に届けたいのだと。

季節や天候で日々変わる食材と、
サスエ前田さんの魚が生きる創作料理( ̄¬ ̄*)じゅるぅ~

さて、お味は・・・・


古民家を改装した店内のカウンターに案内された。
目の前で調理が見れるの嬉しい。

評判の創作料理をいただこう。

 

 


白にんじんと尻丸エビに鹿のジュレ

身は小さいが、甘みが強く、味噌がとても美味しいエビ

 

 


先ずは美味しいスパークリングワイン

 

 


アカザエビと春菊のサラダ

身は甘くねっとりとした味、ミソの濃厚なうま味がたまらない。
甲殻は少し炙ると香ばしさが増す。

 

 

 


鰹のターメリックソースとトマトソース リコッタチーズかけ

分厚い刺身のみが鰹の旨さを引き出せると信じていたが、こういう調理もあるんだと妙に納得する。

 

 

 


続いてのワインは、バレルバーナー シャルドネ 2017 白

カリフォルニアのワイン。
豊かな香りでコクのある口当たり、呑みやすい。

 

 


あわびのソテーと静岡産極太アスパラ
生ハム バルサミコソース

すごくいいアワビが手に入ったとのことで特別に追加してもらった一品

 

 


全粒粉のパンでソースを食べつくした。

 

 


サッサイア 2019 ラ ビアンカーラ

イタリアのナチュール白ワイン。
みずみずしいピュアな果実味と旨みが心地よく調和して美味しい。

 

 


鰆レモンのソース ネパールマスタードシード

さわやかなレモンが合う。

 

 


アカアマダイの鱗揚 昆布塩
パリパリのウロコがお気に入り。それでいて身に火が入りすぎていない。

 

 


鮮やかな赤が印象的な コス フラッパート

はじめてのフラッパート、フレッシュな感じが良い。
いくらでも飲んでいたくなるような飲み心地抜群の赤ワイン

 

 


九州の鹿のグリル トスカーナのヘビータイプのオリーブオイル

地元の先輩である猟の名人に分けてもらったって。
処理の的確さは相当なもので、まったく臭みもなく新鮮。

炭の遠火でじっくりとローストされている。

 

 


伊勢海老のパスタ

 

 


食後の珈琲もいただきました。

 

 


この声を生産者に届けてください。

特別な時間をありがとう。
美味しい料理、ごちそうさまでした。

 

■シンプルズ (Simples)
054-221-7733
静岡県静岡市葵区馬場町39-3

シンプルズ創作料理 / 新静岡駅

夜総合点★★★★ 4.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です