二見興玉神社の沖合に仲睦まじく寄り添うように立つ岩夫婦岩

二見浦の興玉神社は、御祭神に猿田彦大神を祀り、開運や家内安全・交通安全に御利益があると言われている。

その沖合約700m先に鎮まる夫婦岩は、興玉神石と日の大神を拝む鳥居の役目をしているのだと。仲睦まじく寄り添うように立つ2つの岩に、夫婦円満や良縁成就を願う人が多い。

夕日がバックなら、もっと絵になったろうな!

さて・・・・


あいにくの天気


二見興玉神社の本殿


輪注連縄で体をさすって、けがれを清め、悪い部分を託して健康を祈願した。

 

 


長さ約35mの大注連縄が掛かる夫婦岩に参拝!

 

●二見興玉神社
0596-43-2020
三重県伊勢市二見町江575

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。